スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昭和ガメラを順位付けしてみた 6

残すところ3作品となりました。

2013051708551941b_convert_20150724200922.jpg

3位.第1作『大怪獣ガメラ』

昭和、平成ガメラ全シリーズで唯一、怪獣が1匹しか出て来ない作品だが、その1匹を出し惜しみする事なく映画開始から5分ちょっとで早々と登場させ、その後も適度なタイミングでガメラが出てくるので、単体怪獣ものにしては比較的テンポが良い。後のシリーズも基本的にはこのテンポの良さを踏襲しており、娯楽性を重視する昭和ガメラのスタイルは、1作目の時点で完成されていたと言っても過言ではない。

また、メジャー怪獣の登竜門とも言える東京タワーの破壊を行っている事も特筆すべき点だ(新マンのノコギリンがメジャー怪獣かどうかは置いておくとして)。

前期昭和ガメラは、怪獣に対する防衛隊の作戦がユニークで、そのアイディアも見どころの一つである。特に、最初の大掛かりな作戦である「ガメラ転倒作戦(仮)」は、ふざけているように思いつつも「でもカメ相手なら普通こうするよね」とつい共感してしまう。

1965年作品でありながらモノクロ映画という残念クオリティは如何ともしがたいが、むしろモノクロのおかげで画面に重厚感が出ているため、一概に欠点と言い切る事も出来ない。ただ予算と技術、どちらの都合なのか不明だが、お馴染みの回転ジェットでの飛行が特撮ではなくアニメーションでの描写というのは画的にショボすぎてフォローのしようがない。 
 

スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

トラックバック

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

FC2カウンター
プロフィール

モンド

Author:モンド
オレの自堕落なオタク生活をグダグダと書きなぐるブログのつもりが、気付けば微妙に古いアメトイメインのブログに。どうしてこうなった!

Archiveα+Daycount
CalendArchive
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。