スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昭和ガメラを順位付けしてみた 4

こんばんは、誰からも求められていないこの企画も4回目となりました。

ここまではあまり良い所が見えてこない作品ばかりでしたが、今回からは見ててちゃんと面白かった映画ばかりです。そして、第5位に選ばれた作品は、昭和ガメラの中で1、2を争う強烈なインパクトを持った怪獣が登場するアレです!

DABR-0249_convert_20150722211813.jpg

5位.第5作『ガメラ対大悪獣ギロン』

パシフィック・リムに出てくるナイフヘッドの元ネタ(にしか見えない)ギロンが登場する映画である。そんなハリウッドも注目した(と思われる)作品が面白くないはずがない(・・・多分)。

IMGP5131_20150722212057b3f.jpg

※今更知らん人もいないと思うけど、コレがナイフヘッド。

そんな確証のない話は置いておくとしても、この作品の見どころはギロンにあるのは言うまでもない。映画用の怪獣のデザインは「生物+α」を基本としている。一方、ギロンは「包丁(+手裏剣)+α」と、核となるデザインが生物ではなく物体なのである。テレビでは物体をメインモチーフとした怪獣も多いものの、映画に出たメジャーな怪獣だと、このような存在はギロン以外ではヘドラくらいしか思いつかない。そういった異彩を放つ個性が、この作品最大の魅力である。

結果、前衛的とも言えるその発想はこの荒唐無稽なフォルムを生み出したのだが、むしろ荒唐無稽であるがゆえにメインの観客である子供に与えるインパクトは凄まじく、それもまたギロンの長所と捉える事が出来よう。  

また、この作品は昭和ガメラで唯一、新規怪獣が2体登場する(と言っても、1体は前に出た怪獣のリペイントだが)。しかも、この2体が戦うシーンがあるのだから怪獣好きにはたまらないものがある。このバトル自体はアッサリと決着がつきすぎて面白みに欠けるというのは否めないが「ガメラ対〇〇」じゃない戦いが見られるだけで、何となく得した気分になるのは私だけではあるまい。 

その分、メインイベントであるガメラとギロンの戦いは時間がたっぷりと取られており、面白みのあるシーンが多い。特に、公開前年にオリンピックがあった事にちなんで行うガメラの鉄棒芸は必見である。

このように、怪獣に関しては見ごたえのある作品なのだが、それを彩るべきドラマパート、破壊シーンという点ではこれといって特筆すべき点が無いのが難点である。毎度の低予算のせいか建造物の数が少なく、地球外の惑星で戦うという、本作のみの設定も上手く活かしきれていないという印象が強い。建造物そのものはSF的なデザインで、心躍らされるものがあるので非常に残念である。


スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

トラックバック

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

FC2カウンター
プロフィール

モンド

Author:モンド
オレの自堕落なオタク生活をグダグダと書きなぐるブログのつもりが、気付けば微妙に古いアメトイメインのブログに。どうしてこうなった!

Archiveα+Daycount
CalendArchive
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。