スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昭和ガメラを順位付けしてみた 1

今年はガメラ50周年!!

という事を意識したわけではありませんが、去年北米版で買って放置してた昭和ガメラを全作見ました。あ、ヌルいオタクだと思われたくないんで一応ことわっておきますが、20年以上前に全て一度は見てますよ(この発言自体が既にヌルい)。

高クオリティの平成ガメラと比較される事もあって、とかくチャチい印象のある昭和ガメラですが、改めて見ると実際チャチかったですw と言っても、そのショボい作りの中に時折ハッとさせられるようなものが混じっており、限られた予算の中でのスタッフの努力が感じられる素晴らしいシリーズだったと思います。

ま、こんな事言ってても、ガメラシリーズで一番好きなのは、平成ガメラの『ガメラ2 レギオン襲来』なんですけどね。

それはさておき、せっかく全部見た事だし個人的ランキングをつけてみました。最下位から順に発表していきたいと思います。なお、語る上で多少のネタバレは避けられないので、そういうのが嫌な方はご遠慮下さい。

長々書いてるんで、1日1作品ずつね。

DABR-0248_convert_20150719194132.jpg

8位.第4作『ガメラ対宇宙怪獣バイラス』

「昭和ガメラは最後の方に最低な作品が他にあるだろう」という声が聞こえてくる気がするが、これはあくまでも個人的なランキングなので、とりあえず無視する事にしよう。
   
この作品、まずバイラスの着ぐるみが致命的にダサい

イカをモチーフとしており、場合によってはもっと洗練されたクリーチャーにもなりえたと思うが、実物は子供が粘土をこねて作ったかのようなイカの出来損ないで、顔もブサイクである。しかも、触手の中央には中の人の脚があって、その2本の脚ですっくと立っているので触手で這う感じが全く出ておらず、多脚系モンスターらしい迫力に欠ける。昭和の怪獣映画について語っているので、なるべくその当時を基準とした審美眼で語るつもりなのだが、それでもこのデザインはショボすぎると思う。   

オマケにこのバイラス、とにかく弱い

この映画の数少ない名シーンであるガメラ串刺しのせいで、強敵っぽいイメージがあったのだが、実際の戦闘を見ると串刺しシーン以外はガメラが終始圧倒している。単にガメラが油断したおかげで串刺しに持っていけただけなのだ。ついでに言えば、この起死回生の串刺し攻撃さえも、ガメラの反撃フラグでしかないのだから始末に負えない。  
  
映画本編もまあヒドイ。過去の映像の使い回しが多いのは、低予算を強いられ続けたシリーズ恒例の事だから多少は仕方ないとしても、白黒映画だった1作目の映像もそのまま使用しており全く工夫が感じられない。低予算のせいで、まったくと言っていいほど破壊シーンがなく、怪獣映画としてのカタルシスも無い。

片方が外国人の子供2人組が主役というスタイル、かの有名なガメラマーチ初登場と、後期昭和ガメラの基本となる作品でありながら、とにかくロクでもない所ばかりが目に付くのである。見どころと言えば、バイラス星人の宇宙船がオシャレな事と、バイラスが怪獣化するための乗組員の首チョンパくらいか。  

しかし、ここまで言った内容も、わずか25日で撮った映画であるという事を考慮すると途端に話は違ってくる。予算だけでなく時間すらも足りない中で怪獣映画を一本仕上げたというのは驚愕である。とは言え、観客サイドからすれば関係のない話なので、今回はこの部分については考慮しない事にした。


スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ガメラ:昭和(湯浅)版視聴記など 2015/07/23

 前回更新の「 湯浅版視聴記 /07/09 」に続いて、 「大怪獣ガメラ」から「宇宙怪獣ガメラ」まで、昭和の大映ガメラシリーズ8作品の鑑賞記などを、まとめてご紹介しております。 関連で、「大映特撮DVDコレクション情報 /06/25 」はこちら。  アメーバのブログねた、どんな...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

FC2カウンター
プロフィール

モンド

Author:モンド
オレの自堕落なオタク生活をグダグダと書きなぐるブログのつもりが、気付けば微妙に古いアメトイメインのブログに。どうしてこうなった!

Archiveα+Daycount
CalendArchive
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。