スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

偽りの調停者

IMGP6605.jpg

権力者を引き摺り下ろせ!!

IMGP6596.jpg

今日のフィギュアは Mezco Reel Masters / Silent Screamers - METROPOLIS - MARIA です。1927年のドイツ映画『メトロポリス』に登場するロボット、マリアのフィギュアですね。とはいえ、購入の動機はマリアのフィギュアだからというのではなく、単にウチのロボット軍団に華が欲しかったからという不純なものだったりします。詳細な発売時期は分かりませんが、大体15年くらい前のフィギュアのようです。

余談ですが、この映画は私が今までに見た中で2番目に古い映画だったりします。古い作品なのでストーリー展開が強引なものの、映像の美しさには目を見張るものがあり、名作として語り継がれるだけの事はあると思いました。既に著作権が切れててネットでも簡単に見られるので、機会があったら一度ご覧下さい。

IMGP6598.jpg

フィギュア本体のほか、ロボットマリアが本物のマリアに変身する際に使用した椅子がセットになっています。マーベルセレクトを彷彿させる豪華仕様ですね。

IMGP6615.jpg

IMGP6616.jpg

IMGP6617.jpg

IMGP6618.jpg

銀色のボディが美しいですねえ。

IMGP6622.jpg

IMGP6624.jpg

IMGP6625.jpg

劇中のマリアよりも面長で妙に馬面っぽいんですが、まあこれはこれでアリかなあとは思います。また、黒目がオミットされています。あの黒目は結構不気味だったので、個人的には良いアレンジだと思いますが、元のキャラが持っていた悪の側面を無くしてる気もしますね。

IMGP6627.jpg

こっちは完全にダメなアレンジ。マリアは貧乳だったのに、このフィギュアでは無駄に巨乳になっています。デカけりゃいいってもんじゃないんですけどねえ。

IMGP6629.jpg

背面は印象が薄かったのでよく覚えていないのですが、こっちも何かエロくなっているような気が・・・・・・。

IMGP6641.jpg

IMGP6640.jpg

シンプルなフォルムの中にレトロフューチャーっぽい装飾がチラホラと。この辺のディテールも元のデザインと異なる部分が多いです。

要するに、このフィギュアはマリアではなくマリアっぽい何かって事ですね。白いはずのガンダムがオモチャになったら何故か銀色だった、みたいなもんですかね。

IMGP6639.jpg

太ももの左右非対称なディテールも、フィギュアをデザインした人のこだわりでしょうか。

IMGP6619.jpg

厚底靴が萌えポイント。

IMGP6612.jpg

IMGP6614.jpg

可動は基本的にショボいです。ヒジなんて無可動です。

IMGP6620.jpg

そんな中、椅子に座らせた時に足が接地するように、ヒザに回転軸が入ってます。

IMGP6630.jpg

これを利用して、M字開脚させてみました。

お次は椅子。

IMGP6642.jpg

IMGP6644.jpg

IMGP6643.jpg

穴からオイルのような何かが流れた跡があります。なお、どのコードがどの穴に入るのか分からないのでテキトーに刺してます。

IMGP6645.jpg

てっぺんの装飾も実はフィギュアオリジナル。作中では後ろの壁に巨大な逆五芒星の模様があるだけで、椅子自体には飾りはありませんでした。

IMGP6600.jpg

椅子に座らせるとこんな感じ。

IMGP6601.jpg

IMGP6603.jpg

IMGP6604.jpg

映画では脚をピッチリ揃えておしとやかに座ってたのですが、このフィギュアでは豪快に大股広げてます。実に破廉恥であります。

IMGP6606.jpg

IMGP6609.jpg

椅子は他のフィギュアにも流用可能です。

IMGP6611.jpg

そして芽生える愛(!?)。

以下、ブブーンドドドゥタイムをお送りします。

IMGP6631.jpg

IMGP6633.jpg

IMGP6636.jpg

IMGP6635.jpg

設定無視の謎ビーム!

可動箇所が少ない割には意外とブンドド出来るもんだ。

以上、VIP先生(の中身)でした。元のキャラとは似ても似つかぬフィギュアですが、独特の艶めかしさがあって、そういうものだと割り切って見ると、意外と良い出来なんじゃないかと思います。オリジナルよりビッチっぽい所も、悪ロボットとしてはポイント高いですね。悪っぽくアレンジするなら黒目はオミットしなきゃ良かったと思うのですが、それはご愛嬌という事で。


スポンサーサイト

テーマ : フィギュア撮影
ジャンル : サブカル

トラックバック

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

モンドさんこんばんは(°▽°)
三十数年前日本語版スターログが創刊、その紙面の中に8ミリフィルムの通信販売広告がありまして写真でしか見た事が無い外国の数々の古典SF映画が売られていました。
もちろん友達なんかは作らず変な本ばかり読んでたクチなのでいつかは買うんだと想っていたNo.1がメトロポリスです。
その後着色、歌付きのリバイバルで渇きを癒してきた身なら言ってもいいですよね?

このマリア嫌いです(´・ω・`)

このシリーズカリガリ博士は凄く良かった
んだけどw(゜o゜)w

>けいた様

ちょうど昨日、一人カラオケ行ってトリフィドの歌を歌ってきましたよ。

それはそうと、まあ完全に別物ですから
思い入れの強い人だとそう思うのは仕方ないですよね。
「写真でしか見た事が無い云々」は田舎育ちの私にもよく分かります。
ウルトラセブンのナースとか、あんな弱いとは思わなんだ。

これ、チェザーレの方は見た事あるんですが、カリガリ博士も出てるんですね。
ていうか、私が今までに見た中で1番古い映画ってのが
正にそのカリガリ博士なんですけどね。
もちろん、80年代に勝手に作られたクソ続編(?)『Dr.カリガリ』も見ましたよ。
FC2カウンター
プロフィール

モンド

Author:モンド
オレの自堕落なオタク生活をグダグダと書きなぐるブログのつもりが、気付けば微妙に古いアメトイメインのブログに。どうしてこうなった!

Archiveα+Daycount
CalendArchive
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。