スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪魔は官公庁からやってくる

IMGP5725.jpg

こんばんは、モンドの悪魔バンザイのお時間です。

IMGP5724.jpg

今日のフィギュアは Mezco Toys Hellboy Series 1.5 Anung Un Rama です。前に言ってた官公庁オークションでコイツも出てたので落札してみました。ヘルボーイはよく分からんのですが、映画の2作目に出てたゴブリンのフィギュアは持ってます。あれがまた良い出来なんだわ。このフィギュアシリーズ、他にも良い物が多く、こっそり注目はしてたんですよねえ。

他にメズコから出てるものとしてはウルフマンとかもあります。

ヘルボーイと言えば頭部の折れたツノがトレードマークですが、これはヘルボーイの本来の悪魔の姿、アヌン・ウン・ラーマのフィギュアで、ツノが生えて目の色も変わり、理性を失った状態という事だそうです。原作も映画も見てないのでよく分かりませんが、聖衣を脱いだ状態のドラゴン紫龍って事ですかね(全然違う)。

IMGP5833.jpg

中身は本体とサマリタン(銃)、そして頭部に着ける炎の輪です。ところで「サマリたん」って書くと、何か萌えキャラっぽいよね!(割とどうでもいい)

IMGP5727_2013100518403135a.jpg

IMGP5728.jpg

IMGP5729.jpg

IMGP5731.jpg

マッチョではあるものの、そこはかとなくヒーローらしくない体型です。顔がデカいから妙にオッサンっぽいんですかね。だからこそヘルボーイらしさが出てるとも言えますけどね。やけに下半身がスマートなのが難点です。

IMGP5739.jpg

IMGP5735.jpg

IMGP5737.jpg

眉間のしわとか皮膚の質感とか、細かい所まで凝ってます。

IMGP5836.jpg

ツノは赤単色というわけではなく、先端が塗装されています。こういうこだわりは大事ですよね。

IMGP5742.jpg

サマリタンは左手に。このフィギュアではトリガーに指がかけられません。ヘルボーイは射撃の腕が最悪という事で別にガンナーキャラでもないので、わざわざ人差し指を切り離すかどうかは今のところ考え中です。

IMGP5740.jpg

サマリタン、こんな風にリロードギミックが。芸細かいなあ。

IMGP5726.jpg

もちろん、ホルスターへの収納が可能です。

IMGP5743.jpg

オシャレなバックルですが、アップで見るとちょっと雑かな。

IMGP5745.jpg

IMGP5744.jpg

ヘルボーイ最大の特徴である破滅の右手。かっけーなあ。フルパワー状態という事で、右手は模様に沿って黄色く塗られています。

IMGP5754.jpg

IMGP5753.jpg

体の模様も良いですねえ。にしても、哀愁漂う渋い背中だ。

IMGP5760.jpg

IMGP5748.jpg

破滅の右手は接着されていないので回転させる事が出来ます。

IMGP5750.jpg

IMGP5751.jpg

尻尾はお馴染みベンダブル・・・・・・ではなく、分割方式になっています。付け根も動くので、ポージングの妨げにはならないです。

IMGP5747.jpg

IMGP5746.jpg

足首は多少角度がつけられるので、ある程度の接地性も確保しています。

IMGP5752.jpg

ここ1~2年で7インチのアメトイの可動は大幅に進化していますが、それ以前に発売されたものの中では、非常によく動く部類だと思います。塗料の癒着がほとんどないというのも驚異的ですね。

IMGP5839.jpg

「これがオレの全力全開!!」

炎の輪をつけてみました。ツノで挟み込むようにして取り付けます。

IMGP5758.jpg

最初、取り付け方が分からなくってツノを中に入れてみたら、ツノの弾力で勢いよくどっかに飛んでいって、探すのに一苦労でした。なお、今回の画像の一部にも、ツノを炎の輪の中に入れてるものがありますが、これはこれで見れると思うし、ぶっちゃけ面倒なので直しません。

IMGP5842.jpg

IMGP5835.jpg

中に入れてもどっか行っちゃう炎の輪ですが、正しい取り付け方でも挟んでるだけなので、勝手に向きが変わっちゃうのが困り物。

IMGP5845.jpg

IMGP5843.jpg

でも、カッコいいから気にしない。

IMGP5755.jpg

炎の輪をサマリタンにつけて、厨二っぽい武器にしてみました。

以下、ブブーンドドドゥタイムをお送りします。

IMGP5772.jpg

IMGP5762.jpg

IMGP5846.jpg

IMGP5765.jpg

IMGP5766.jpg

IMGP5769.jpg

IMGP5768.jpg

以上、アヌン・ウン・ラーマでした。このフィギュアシリーズ、評判良いからという事で落札したのですが、予想以上に良い出来でビックリです。細部までこだわって作っているのが感じられ、非常に好感の持てるフィギュアだと思います。

まあ、官公庁オークションの手続きのメンドくささも予想以上でしたけどね。ヤフオク感覚でやったらエラい手間がかかりましたよ。


スポンサーサイト

テーマ : フィギュア撮影
ジャンル : サブカル

トラックバック

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

ヘルボーイのフィギュア、カッコイイです!

自分はヘルボーイの映画は2作とも見ました!本当にオススメの映画です!

二作目では、韮沢靖氏と寺田克也氏も参加してます。

確かにこのフィギュア、下半身スマートですね(笑)

この角が完全に生えたタイプのフィギュアはあまり見かけませんでしたが、こんなん出ていたんですね~


そして、ディーコンはすごくやられ役に向いている気がしますw

口の表情とか色々(笑)

>駄菓子猫様

ホント、下半身が異様にスマートなんですよねえ。
コート着てるバージョンと同じ金型なんだと思いますが
裸だとちょっと違和感ありますよね。
FC2カウンター
プロフィール

モンド

Author:モンド
オレの自堕落なオタク生活をグダグダと書きなぐるブログのつもりが、気付けば微妙に古いアメトイメインのブログに。どうしてこうなった!

Archiveα+Daycount
CalendArchive
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。