スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オレの仮面は鉄よりも硬いブリキ製だぎゃ

IMG_5650.jpg

Dr.ドゥーム「名古屋(ラトベリア)より謹んで新年のお慶びを申し上げるがや」

と言いつつ、全く謹んでないように見えないあたり、さすがはDr.ドゥーム。

IMG_5618.jpg

今日のフィギュアは Diamond Select Toys BEST OF MARVEL SELECT #4 Dr.DOOM です。日本では宇宙忍者ゴームズの悪魔博士として有名ですが、実は悪役ランキングのトップ5に度々ランクインする偉大なスーパーヴィランなのです。映画でのそこはかとなく小悪党っぽいアレは何かの間違いだったって事で。

必要無いような気もしますが、一応キャラ説明。Dr.ドゥームはラトベリアの専制君主で、Mr.ファンタスティックのライバルとなる天才科学者。そして、マーベルコミックス初のスーパーヴィランでもあります。肉体そのものに超人的な能力はありませんが、その高度な知能を活かした超科学兵器と驚異的な陰謀を張り巡らせてヒーローに立ち向かいます。また、母親がジプシーだったため、オカルト方面の知識も豊富で、彼が身につけている仮面はチベット密教の一派の長となった際に僧たちに命じて作らせたものです。あと、国家元首なので外交特権という妙に現実的な武器も持っています。

とりあえずはヴィランに分類されているのですが、行動原理の全てが「リード・リチャーズ(=Mr.ファンタスティック)をギャフンと言わせてやる事」にあるので、リードがマッドサイエンティストっぽくなった時は逆にヒーローのように振る舞う事もあります。また、オンスロートのような超強力なヴィランが登場すると、その力を手に入れるためにヒーロー側の立場で戦う事もあります(大抵は途中で失敗しますが)。

IMG_5626.jpg

パッケージ下にはドゥームの顔がプリントされてます。ホントに自己主張の強いお人だ。

IMG_5636.jpg

中身。銃にグラスを持った左手、そして・・・

IMG_5644.jpg

ある意味では本体とも言える玉座。垂れ幕部分は紙ですが、雰囲気は出てるんじゃないですかね。

IMG_5666.jpg

IMG_5669.jpg

IMG_5673.jpg

脚が細いせいでプロポーションがイマイチですが、アーマー部分のウェザリングは流石マーベルセレクトといった仕事ぶりです。

IMG_5712.jpg

同シリーズのサノスと。この人たち、ベスト版で同時期に発売されただけでなく、マーベル・スーパーヒーローズのラスボス、中ボスの間柄なんですよね。当時はどういうキャラなのかまったく分からなかったので、サノス配下のマッドサイエンティストなんだとばかり思ってました。

IMG_5677.jpg

IMG_5682.jpg

マントは取り外し可能です。一気にザコキャラ臭漂うお姿に。

IMG_5686.jpg

IMG_5688.jpg

IMG_5692.jpg

IMG_5690.jpg

仮面のディテールはフードで隠れている部分もしっかりと作られています。

IMG_5693.jpg

IMG_5698.jpg

銃は腰のホルスターに収納可能です。

IMG_5708.jpg

けど、Dr.ドゥームの鎧って手からビーム出せるはずだけど、何で銃持ってるの?

IMG_5702.jpg

IMG_5704.jpg

IMG_5738.jpg

IMG_5746.jpg

可動がショボいのは言うまでもなく。可動箇所はドックオク付属のスパイダーマンと一緒です。

IMG_5658.jpg

IMG_5656.jpg

角度的にワインを飲んでるように見せかけてますが、実際のグラスは顔まで届いてません。

IMG_5654.jpg

IMG_5660.jpg

基本的には玉座に座らせて飾る事になりそうなので、それほど動かなくても問題ないと言えば問題ないんですけどね。

ところで、ラトベリア王国の国章って何かに似てませんか?

IMG_5632.jpg

IMG_5630.jpg

ってなワケで大ショッカー首領ディケイドさん。ドゥームの“D”はディケイドの“D”でもありますしね。にしても、ドゥームよりもピッタリと椅子に座れてるなあ。

以下、ブブーンドドドゥタイムをお送りします。

IMG_5716.jpg

ヒーロー側で同じ立ち位置の人と。ちなみに、アイアンマンのアーマーにもドゥームの技術が部分的に使用されているそうです。

IMG_5725.jpg

DCコミックスで同じ立ち位置の人と。

IMG_5720.jpg

IMG_5748.jpg

IMG_5730.jpg

IMG_5732.jpg

以上、悪魔博士でした。本体は動かないのでブンドド向きではありませんが、玉座が色々と使い勝手が良くて面白そうです。ディケイド以外にも色々と座らせてみようかな。


スポンサーサイト

テーマ : フィギュア撮影
ジャンル : サブカル

トラックバック

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

FC2カウンター
プロフィール

モンド

Author:モンド
オレの自堕落なオタク生活をグダグダと書きなぐるブログのつもりが、気付けば微妙に古いアメトイメインのブログに。どうしてこうなった!

Archiveα+Daycount
CalendArchive
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。