スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

力士はモースト・デンジャラス

IMG_4368.jpg

こんばんは、モンドの化け物バンザイのお時間です。

IMG_4322.jpg

今日のフィギュアは Mezco The Wolfman 7inch Action Figure です。ベニチオ・デル・トロ主演で、今年日本でも公開された映画『ウルフマン』のフィギュアです。毎度のように映画は見てませんが、パッケージ越しからでも素敵クリーチャーのオーラがヒシヒシと伝わってくるではありませんか。正に化け物バンザイです。

ちなみに、ウチのブログでは初登場のメズコ社。リビングデッドドールのメーカーとして有名ですが、ホラー映画やヘルボーイのアクションフィギュアなども手掛けています。クオリティはかなり高く、7インチのフィギュアメーカーとしてはNecaに匹敵するレベルと言っても過言ではありません。

IMG_4324.jpg

中身。本体と杖。杖が劇中でどう使われたのかが分からん。

IMG_4326.jpg

IMG_4328.jpg

IMG_4330.jpg

IMG_4332.jpg

IMG_4336.jpg

IMG_4338.jpg

IMG_4344.jpg

古典的なデザインですが、リアリティのある造形ですね。服のシワもよく出来ています。

IMG_4394.jpg

大きさは約7インチですが前傾姿勢なので、実際には8インチフィギュアと同じくらいのボリュームです。

IMG_4348.jpg

IMG_4350.jpg

IMG_4352.jpg

獣人は目が命! 歯の汚れっぷりも素晴らしいです。

IMG_4354.jpg

毛深い手や

IMG_4356.jpg

つま先立ちの足と細かい部分にもこだわりを感じます。

IMG_4357.jpg

でも尻尾はナッシング。もっとも、普通に考えると変身した時にズボンに穴が開くわけないから、尻尾があったらウ〇コ漏らしたみたいになっちゃうのかな?(余計なお世話だw)

IMG_4360.jpg

IMG_4362.jpg

変身によって破れた衣服でしょうか。

IMG_4380.jpg

IMG_4370.jpg

アクションフィギュアと名乗っていますが、可動はさほど重要視されていない様子で、基本的にはパーツ分割によるモノシャフトドライブ。ただし、見た目に反して足の接地面積は意外に広く、自立の際の安定性はかなりのものです。

IMG_4364.jpg

IMG_4366.jpg

杖を持たせてみました。どうもこういう風に使うものではない気がします。やっぱり映画も見といた方が良かったかな。

以下、ブブーンドドドゥタイムをお送りします。

IMG_4390.jpg

IMG_4392.jpg

次は獣人対決。

IMG_4376.jpg

IMG_4378.jpg

IMG_4374.jpg

最後も獣人対決・・・?

IMG_4386.jpg

IMG_4384.jpg

ジグソウ「歯で受け止めただと!?」

IMG_4388.jpg

ジグソウ「ま、待ってくれ。実は私は人間なんだ」

ウルフマン「知らんがな」

以上、千代の富士 ウルフマンでした。古きよき怪奇映画の魂と21世紀の技術力が融合した逸品です。ただ、デザインが古典的すぎて、仮面ライダーやアメコミヒーローのブンドド相手には向かないっていう欠点もありますね。

そもそも可動重視じゃないフィギュアでブンドドするなという意見は無視の方向でw


スポンサーサイト

テーマ : フィギュア撮影
ジャンル : サブカル

トラックバック

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

FC2カウンター
プロフィール

モンド

Author:モンド
オレの自堕落なオタク生活をグダグダと書きなぐるブログのつもりが、気付けば微妙に古いアメトイメインのブログに。どうしてこうなった!

Archiveα+Daycount
CalendArchive
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。