スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメツーリズムの可能性

IMG_3518.jpg

たまには文化的に図書館でも。

IMG_3516.jpg

って事で、今日の午後は久喜図書館で行われた講演会を見てきました。

IMG_3521.jpg

まあ、文化的つっても内容はこんな感じですけどね(うわ、オレの影が写ってら)。こういう話なら久喜じゃなくって鷲宮の図書館でやれよと思わなくもないですが、個人的には久喜図書館の方が家から近いので助かりました。あ、余談ですが鷲宮図書館はらきすたを置いてる他、なぜか手塚治虫の漫画があったりするので、巡礼の際のヒマつぶしに便利な場所だったりします。

開場直後の13:00に視聴覚ホールへ。講演開始までの間、ホール内では「サスケ」やら「どろろ」やら大昔のアニソンが流れていて、微妙に的外れな気がしないでもない気もしますが、そこはかとなく講演前の雰囲気を盛り上げていました。

さてさて、本題の講演会ですが色々と面白い話が聞けて充実した時間を過ごせました。講演会では「鷲宮-らきすた」の事例だけではなく「宮城-戦国BASARA」「上田-サマーウォーズ」といった、オタクコンテンツによる町おこしの成功例が紹介されていましたが、同じ成功例でも作り手や地域の方の取り組み方が三者三様だったのが興味深かったです。中でも、最後の質疑応答の時に出ていた「鷲宮はアニメツーリズムの分野において次のステージに進んでいる」という話が非常に印象的でした。

講演会で聞いた内容だと「制作サイド-地域-ファン(消費者)」の三角形がバランス良く成り立つ事がアニメツーリズムの成功の条件という事ですが、鷲宮の場合は制作サイドである美水かがみ先生および京アニの手を既に離れ「地域-ファン(消費者)」のコミュニケーションから新たなコンテンツが生まれています。それが鷲宮SNS、ラジオ鷲宮、あるいはオタ婚活だったり先日の萌えフェスだったりするのかなあと思うと、今後の展開から目が離せなかったりします。

【オマケ】

IMG_3523.jpg

図書館の向かい側にある文化会館の噴水。お台場ガンダムの時も噴水撮ったけど、オレ割と噴水好きなのよね。

うわ、今調べたら噴水はセックスのメタファーなんだって。欲求不満って事なのかしら・・・。


スポンサーサイト

テーマ : オタクの私生活
ジャンル : サブカル

トラックバック

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

FC2カウンター
プロフィール

モンド

Author:モンド
オレの自堕落なオタク生活をグダグダと書きなぐるブログのつもりが、気付けば微妙に古いアメトイメインのブログに。どうしてこうなった!

Archiveα+Daycount
CalendArchive
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。