スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Angel Beats! 第12話「Knockin' on heaven's door」の感想、ついでに作品全体の感想

 まだ最終回が残っていますが、今回の放送で評価は決定したかなって気がするんで簡単に感想でも。

 この作品、ロケ地が母校って事でそれなりに楽しんで見ていたんですが、世間的にはどうも評判がよろしくないようで。でもまあ、実際見てると問題山積みだったわけだから仕方ないですね。とはいえ、私自身は放送前に必要以上に情報を入手しないタイプの人間なので、放映前に行われたビッグマウスが視聴に影響を与えるという事は無かったですし、これまでに多数の作品が生み出されたオタク大国ニッポンにおいて、今更作品のオリジナリティの無さを指摘する事など愚の骨頂だと思っているので、ゆりっぺがハ〇ヒに似ていようが、ギルドのトラップが映画版バイオ〇ザードだろうが、直井の過去が「それなんてH2〇?(〇だと伏せてるように見えねえw)」とか、そんな事はどうでも良かったんですわ。でも、この作品が持つもう一つの問題点が非常にマズかった。

 それは話と尺の長さが合っていないという点です。物語のスケールの大きさに比して1クールという放送時間は余りに短すぎます。そのため、ストーリーに抑揚がなく、プロットが本来もっていたであろう面白さがほとんど損なわれてしまっています。世界の理不尽さのみを訴えたいのであれば1クールでも良かったのかもしれませんが、それはあくまでも感動を生みだすための舞台装置でしか無かったはず。にもかかわらず、登場人物たちの不幸な身の上ばかりが強調され、キャラクター同士の関係性がなおざりになった事により、本来の目的である感動が失われてしまっている。こういう作品の場合、キャラ同士のつながりが深まっていく様を描写する日常パートこそが何より重要であるべきなのに、せいぜい野球と釣りがあったくらいでは、見てる側がそこにキャラ同士の友情、あるいは愛情など感じる事など出来ません。その欠点が致命的な影響を与えたのがユイの消滅する第10話であり、今回の最終決戦でしょう。 

 冒頭のガルデモ消滅にしたって、始まってすぐにメインキャラが退場するというのは、インパクトを重視する最終回直前ではよくある事なのでそれ自体は別に問題ないのですが、これまでボーカル以外のメンバーをまともに描いていなかったせいで、それがインパクトとして機能せず単なる人員整理にしか見えませんでした。それはギルドのエラい人(名前も覚えてない)がゆりに武器を渡して消え去った時も同じで、彼の消滅に何の感慨も湧かないせいで、御都合主義ぶりが余計に強調されるという負の影響を与えただけでした。

 最後に登場した謎の青年(通称カヲル君w)が、プログラムを書き換えて自らをNPC化した人物その人だったのか、あるいは単なるプログラムだったのか、結局それは明らかにされませんでしたが、正直なところそんな事はどうでもいい部分だと思います。重要なのはSSSの面々および天使がそれに対してどう抗い、そこに生まれる感動だったのですから。しかし、その中に感動が存在していたと言えるのでしょうか。それは全話通して見ていた方ならお分かりの事だと思います。感動を生みだすべきカタルシスが存在しない、これこそが本作の持つ最大の問題なのです。

 しかし、困った事にこの作品って粗筋だけを思い返してみるとメチャクチャ面白いんですよ。やりようによっては名作になり得たのではと感じる部分は多かったりするんです。あくまでも一例ですが、こんな感じで2クールやってれば良かったんじゃないかなあ。

・1~4話:天使とドンパチしながら日常パート

・5話:本作3話(岩沢が成仏)

・6~9話:天使とドンパチしながら日常パート、ゆり含むSSSの面々の過去が明らかに

・10話:天使失脚、直井が生徒会長に

・11~12話:天使と音無の交流、直井が横暴の数々を行う

・13話:直井編決着、直井は成仏

・14~15話:ドンパチしつつも天使とSSSの奇妙な交流

・16話:SSSを助けようとしてharmonics発動(出来ればシリアス回で)

・17~18話:本作8~9話(天使救出&音無が記憶を取り戻し成仏しかける)

・19~20話:本作10話(ユイにゃん成仏、ラストに影登場)

・21~22話:影が出たり成仏するしないでSSSの内輪もめがある

・23~25話:最終決戦

・26話:エピローグ

 ま、素人の戯言ですけどねw

 でも、逆に言えば素人でもこれくらいのボリュームが必要だってのは明らかに分かるわけですよ。1クールと決まっていたのであれば、あまり好ましい方法ではありませんが最終回で「第2期決定!」でも良かったんじゃないかなあ。それだけの価値はあったと思うし。真面目な話、忘れた頃に設定だけ微妙に変えて同じような話をある程度の長さでやれば、相当面白いものが出来るような気はするんですけどねえ。その時はきっと「ABのパクリだ」とか言われるんでしょうが、そんなんはオタクコンテンツじゃあ日常茶飯事ですから、別に問題無いでしょ?

 まあ、個人的な楽しみ方もありましたけどね。高校が舞台なのにロケ地が大学だってのは、転生までのモラトリアムとしての作品世界と社会に出るまでのモラトリアムとしての大学という奇妙なリンクがあって面白かったし(これでオレの大学生活がどんなんだったかはご理解いただけるかとw)、懐かしい角間の山を思い出してノスタルジーに浸る事も出来ました。けど、それを抜きにしたら「天使ちゃんマジ天使」ってだけの作品だったなあ

 
スポンサーサイト

テーマ : Angel Beats!
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Angel Beats!(エンジェルビーツ)12話 のまとめと考察と感想

今回は駆け足展開で分かりにくかった。 そこで話を見返して、話の内容を整理してみました。 また今回は、自主的に成仏した人も多数いました...

Angel Beats! -エンジェルビーツ- 第12話 「Knockin' on heaven's door」 感想

愛は勝つ―

Angel Beats! 第12話「Knockin' on heaven's door」

山場のエピソードのはずなのに、ビックリするくらい感情が揺れ動かない。心電図で例えるならば終始平坦な状態? ただボーと目の前で起きている事象を見詰めているだけでしたね。つまりもうどうでもいいアニメと言うことなのかな。

Angel Beats! 第12話「Knockin' on heaven's door」

影との戦い!そして、ゆりの卒業! ラスボスはとっても美形! 松下五段も実は美形?(*゚д゚*) 影を生み出したラスボスの正体は、愛を失った...

Angel Beats! -エンジェルビーツ- 第12話「Knockin' on heaven's door」感想

そうか、愛なら仕方がない。

Angel Beats! 12話 『Knockin' on heaven's door』

Angel Beats第12話。ゆりの物語についてはこれで一応の決着はついたのでしょうか。 …やはりこの作品は13話では足りなかったと思います。描写不足...

Angel Beats! 12話「Knockin' on heaven's door」感想 キャプチャ

この記事は”Angel Beats! 12話「Knockin' on heaven's door」”の感想を書いてます。 キャプチャしてありますのでネタバレ注意でお願いします。 なるほ...

Angel Beats!第12話「Knockin'on heaven's door」

 学園に現れた謎の存在「影」は、NPCである生徒達を変化させた。自分達は、人生を謳歌できず無念の死を遂げたが、新たな旅立ちをしなければならない。記憶を取り戻した音無は、自分の成すべき事を見つけ、直井と日向と一緒に行動を開始した。この世界を手に入れようと

Angel Beats! 第12話 Knockin' on heaven's door

Angel Beats! 第12話 Knockin' on heaven's door 大量の影達をしりぞけ、第二コンピューター室へ アフィリエイト

Angel Beats! 第12話 「Knockin' on heaven's door」 感想

あたしも皆の後を追いかけて行きたくなっちゃたよ 長い間、お疲れ様。お姉ちゃん 今回がクライマックス!黒幕との対決!? ゆりの物語に...

Angel Beats! 第12話「Knockin' on heaven's door」

かなでがタタリ神もとい影を相手している内に みんなをこの世界から解放することに と校長室をでると ガルデモメンバーが音無の提案を受けいるれと言い出す しかし説得されて消えるのではなく納得して消えることを証明すると そして消えるガルデモとその取り巻きたち...

「Angel Beats!」12話 Knockin' on heaven's door

なんていうかいろいろツッコミを入れたくなるなぁ…。 でもツッコミを入れたら負けのようなそんな気もするし…。 だけどやっぱりちょっとだ...

Angel Beats! EPISODE.12「Knockin' on heaven's door」

My Soul, Your Beats!/Brave Song 【初回生産限定盤】(2010/05/26)Lia多田葵商品詳細を見る ついにクライマックスに突入。カルガモのメンバーをはじめとする...

Angel Beats! 第12話「Knockin'' on heaven''s door」

この世界の謎の鍵を握ると思われる影、または影を操る存在に挑むゆりとSSS。これまでは抗い続ける仮想敵が天使や生徒会やらだったのだが、キャラクターと世界観の紹介に適した構成だったのかは何ともいえないところだ。天使の裏にある存在が“神”やらラスボスに思ってい

(アニメ感想) Angel Beats! 第12話 「Knockin'on heaven's door」

Angel Beats!2 【完全生産限定版】 [Blu-ray]クチコミを見る この世界が誰によって何のために作られたのか?・・・恐らくそれについて詳しく説明されることはないだろうと思います。麻枝さんの作品はいつもそうですし、これは「そういうものだ」として受け入れるしかない...

Angel Beats! -エンジェルビーツ- 第12話「Knockin' on heaven's door」

卒業していく場所で生まれたものは――。 ガルデモ解散や、松下5段山篭りダイエット完了とかはスルーで(ぉ) SSSは音無たちの戦いに加勢。 ...

Angel Beats! 第12話「Knockin' on heaven's door」

私の人生。

Angel Beats! 第12話 「Knockin' on heaven's door」

静寂の世界 - A Rush of Blood to the Head -

Angel Beats! 第12話 「Knockin’on herven's door」

Angel Beats! 第12話 「Knockin’on herven's door」 感想です ゆりの苗字は中村さん!

Angel Beats! 第12話「Knockin' on heaven's door」

ラスボスのキャストは、あまりにも当然すぎる配役で笑ったw ※ちょい批判的な記事ですので、ご注意ください。TBは返信のみで。

Angel Beats! 第12話感想

 おっ、やべ・・・  毎回、今回はどうなるのかなって観る前にドキドキしてしまうんですが、  今回は観ながらおおすげえな、っていう感...

Angel Beats! 第12話「Knockin' on heaven's door」

Angel Beats!2 【完全生産限定版】 [Blu-ray]愛が世界を変える ついに、最終回直前ということで世界の成り立ちも明かされました!

Angel Beats! 第12話「Knockin' on heaven's door」

Angel Beats! 第12話「Knockin' on heaven's door」露伴先生の家ですね、分かります。 冒頭で「次もバンドやるよ!」と言い残して去っていったガルデモメンバー。結局ボーカル以外のメンバーが喋ったのってここ最近だけのような・・・(涙。 数多くの影を相手にする音無...

■Angel Beats!【EPISODE.12】Knockin' on Heaven's door

Angel Beats! #12の視聴感想です。 守護天使。 ガルデモ。 一途な恋。 幻想世界。 新世界の神。 長い間お疲れ様、お姉ちゃん。 ↑さぁポチッとな

Angel Beats! 第12話 「Knockin' on heaven's door」

新たな脅威に対抗してまだまだ抗う者、心の充足を受け入れる者。「Angel Beats!」の第12話。 ネタ「格闘中」を追加。 数を増す影をひたすら撃...

Angel Beats! EPISODE.12 前半

Angel Beats! EPISODE.12『Knockin' on heaven's door』前半

Angel Beats! 第12話「Knockin' on heaven's door」感想

 今回は戦線メンバーの影との総力戦。戦う面々の姿がカッコよかったです。黒幕は一体誰なんでしょうか。今回は見せ場が多くて観ていて飽きませんでした。やっぱり仲間はいいですね…。

『Angel Beats!』第12話 感想

【あらすじ】 音無の説得に心動かされた者、 好きな人のために動く者…。 理由は様々ではあるが、影に向かって 立ち上がる戦線メンバー。 ...

Angel Beats! EPISODE.12 後半-1

“Angel Beats! EPISODE.12『Knockin' on heaven's door』後半-1”

Angel Beats! EPISODE.12 後半-2

“Angel Beats! EPISODE.12『Knockin' on heaven's door』後半-2”

Angel Beats! 第12話

[関連リンク]http://www.angelbeats.jp/EPISODE.12 Knockin' on heaven's doorいよいよクライマックスこの状況からどう終わらせるのか見物ですまずはガルデモひさ子達今までガルデモメンバーとしてやっ...

Angel Beats! 第12話

Angel Beats! 第12話 「Knockin'on heaven's door」 です。 -キャスト- 音無:神谷浩史 ゆり:櫻井浩美 天使:花澤香菜 ユイ:喜多村英梨 日向:...

Angel Beats! #12

ガルデモとかその他大勢の方が瞬時に成仏なさいました。 あまりに早く、唐突なのはこの作品の特長だから仕方無いけど、ゆり、音無、日向、ユイ、直井、岩沢の過去しか明らかじゃないし。 1クールの作品としてはギリなんだろうな。 天使ちゃん大活躍しすぎ! てかギルド...

Angel Beats! 第12話 感想

 Angel Beats!   第12話 『Knockin' on heaven's door』 感想  次のページへ

Angel Beats! 第12話 「Knockin' on heaven's door」

この世界は、愛を知るための世界。 分かるような分からないような、そもそも大して説明にもなっていなかったような気がしますが、 一応...

Angel Beats!第12話『Knockin’on herven's door』の感想レビュー

TwitterのTLを見ていたら、先発組の皆さんのつぶやきが荒れていてドキドキしてしまった件w 出来る出来ないではなくて、やるかやらないかの問題だった気がする本作の各キャラ&世界観諸々の設定説明ですが、あえて掘り下げ無かったのは斬新ではあったものの、やっぱり不完...

Angel Beats!(エンジェルビーツ)~第12話 感想「Knockin' on heaven's door」

Angel Beats!(エンジェルビーツ)ですが、ヴォーカルを失ったガルデモの他のメンバーも消えることになります。音無が立会いますが、直井は「下々のお見送りご苦労様です」と言い、日向と口論します。音無たちが大量の影と闘うなか、ゆりっぺはギルドを探索中です。(以下...

Angel Beats! 第12話

第12話『Knockin' on heaven's door』Angel Beats! 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]今回は・・・この世界のことが明らかに?

アニメ Angel Beats! 第12話「Knockin' on heaven's door」感想

アニメ Angel Beats! 第12話「Knockin' on heaven's door」の感想です。内容はネタバレを含みますので、注意して下さい。 一番の謎であった”この世界”...

Angel Beats! 第12話「Knockin' on heaven's door」

『愛』が生まれた日。 ためらわない事さ Angel Beats!2 【完全生産限定版】 [Blu-ray](2010/07/21)櫻井浩美神谷浩史商品詳細を見る

このサブタイトルは、けっしてボブ・デュランの曲名でも福岡の某葬儀会社CMのキャッチコピーでもなんでもありません。 Angel Beats!第12話『Knockin' on heaven's door』

 今回のAngel Beats!第12話タイトルを見て、おれはボブ・ディランよりもこっちが頭に浮かんだ!  これはけっして冗談でもなんでもなく、マジ...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

FC2カウンター
プロフィール

モンド

Author:モンド
オレの自堕落なオタク生活をグダグダと書きなぐるブログのつもりが、気付けば微妙に古いアメトイメインのブログに。どうしてこうなった!

Archiveα+Daycount
CalendArchive
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。