スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第21話「革新の扉」の感想

【あらすじ】 

 留美からの連絡は、ラグランジュ5のある宙域ポイントだけのものだった。プトレマイオスのクルーは不審に思うが、刹那は進路を向けるよう提案する。イアンも賛同し、一同は留美からの連絡で指定されたポイントへと向かった。

 ヒリングたちはモビルスーツの性能以上に、何かがあるのではないかと思い始める。

※今回は無駄に長いし、未見の人に配慮してないから一旦釘る、じゃない、区切るね。
【感想】

 さあさあ、人員整理のお時間ですよ~。

 という事で、アニューに続きサブキャラ死亡が今回のメインイベントだったわけですが、どうもやり方がイマイチ宜しくないように思えます。ネーナに関しては元から空っぽなキャラだったので、中途半端な死に様が逆に彼女らしくて良かったと思うのですが、王兄妹に関しては明らかに死亡までの流れがマズいです。

 貧乏元姫、ラッセ、王兄妹と3回も「狙撃→実は無事でしたー」をやったのは終盤にしては有り得ないほどのマンネリ展開だったし、それを敢えてやってまで留美と刹那をこのタイミングで接触させる理由があったのかと首を傾げざるを得ません。死んだと思わせておいて実は生きてたという展開は、その後の行動によって理由を持たせてこそ意義があると思うのですが、今週の流れだったら先々週の段階でヴェーダの情報をCBに渡して、その帰りにネーナに殺されてても、別に同じ展開だったんじゃないかと。

 あんだけ悪ぶっておきながら動機がチンケな私情による行動だったってのは、凡人としての彼女らしさが垣間見えてそれはそれで面白かったのですが、それさえも先々週のラストでやれた事なので、実に無駄な引き延ばしだったなあと思わざるを得ません。大体、他のキャラも山ほど残ってるのにこんなトコで時間割いてどうすんのよ。

 にしても、紅龍の方が留美よりもよっぽど当主の器があるように見えたのは私だけではあるまい。   
 一方、最初にも述べましたがネーナの死に方はなかなか上手かったんじゃないかと思います。ただひたすらに無邪気な悪意を振りまいて思うままに動き続けた彼女が、理不尽な暴力によって絶望へ追い込んだ相手に更なる暴力で蹂躙される。何とも彼女らしい最期ではありませんか。それだけではなく、死の直前にリジェネと接触した事によって、今後の展開に伏線を張った上で退場しており、脇役の引き際としてはかなり良い物だったのではないでしょうか。何より、CVである釘宮氏の好演により「精神的に救済される事の無かった強化人間」というキャラが徹底されていた事が、ネーナの無様な最期を盛り上げていたと思います。彼女による「死んじゃえばいいよ」というセリフは、正にネーナ・トリニティという存在を端的に示した名ゼリフですわ。

 あ、もちろんゼロラジの時の日野ちゃまへの「死んじゃえばいいよ❤」も好きですよw

 終盤も近いしダラダラ語るよ。お次はライルについて。アニューの死に対して刹那への憎しみを残してはいましたが、それでも共に戦う事をやめないという彼の決意。第1期で二ールが刹那に銃を向けたシーンを思い出させました。あの時と比較すると、ニールとライルは似て非なる存在と言えなくもないのですが、その一方でやはり兄弟なんだなあと思わせる描写がそこかしこにあって、この二人のキャラ立てが非常に秀逸であると感じさせます。

 特にそう思わせるのが先週のラストで刹那を殴り続けたシーン。私はアレを見て「ああ、やっぱ兄弟だなあ」と思ったので、感想を書いた後に色んなブログを見た際に飛影、じゃなかった、二ールならそんな事しないという意見が割と多いのに驚きました。

 親の仇を前にしても笑ってそれを許した二ール、恋人を殺されて怒りをぶつけたライル。こうして単純化してしまえば彼らの行動には明確な違いがありますが、この二つの出来事には時間の流れという決定的な差異が存在するため、これを以って二ールの方が人間が出来てるとするのは早計でしょう。むしろ、先週のライルと比較するのであれば、二ールの最期の行動の方が適しているのではないかと思います。

 二ールは真の仇であるサーシェスを前に、普段の冷静さを欠いて必要以上の独断先行を行って死にました(きっかけはスメラギさんの無能な指示ですが)。更に言えば、デュナメスを撃墜された後、戦場から脱出可能であったにもかかわらず、あの場でサーシェスを撃つ事にこだわった結果が彼の死です。

 ライルにしても、普段は飄々としてはいますが非常に冷静で物事の見極めには慎重なキャラです。それでもアニューの死を前にして、その冷静さを失わざるを得なかった。理由はどうあれ目の前で恋人を殺されたらああなるのは当たり前だと言えなくもないですが、この時の激昂したライルの様子はあの時の二ールと何処かシンクロします。それゆえにやはり二人は兄弟なんだなあと感じさせるのです。それでいて、二ールは最後まで自己完結していたのに対して、今週のライルは亡き兄にすがるようなセリフがあり、両者が別の存在であるという事もシッカリと描写されています。二人のロックオンの類似点と相違点の絶妙なバランス、実は私がダブルオーで最も評価している部分だったりします。

 最後はグラハム・エーカーについて。何か企むような描写を見せておきながら、刹那に一騎打ちを申し込むだけという単純さは、物足りなさもありますが彼らしい潔い行動で好感が持てます。また、刹那に素顔を晒し自らの覚悟を示す様は、武士道という狂気に取り憑かれた彼の生き様を示しており、ガンダムに関わった事で騎士から武士へと変貌を遂げざるを得なかった彼の悲劇の到達点としては、これ以上ないものだったと思います。

 今週のラスト、裸の世界(笑)に取り込まれた事によって、この悲劇が新たな展開を見せると思われますが、次回予告が妙に死亡フラグっぽいのが気になる所です。

【今週の見所】

・マリーをソーマ・ピーリスと呼んだアレルヤ

・刹那に銃を向けるライル

回想で一撃でやられたイノベイターコンビ

・素顔を晒したグラハム

くぎゅうううううううううううううううう(涙)

 どうでもいいが、ガンプラCMのグラサンかけた四方堂が佐藤元に見えて仕方ない
スポンサーサイト

テーマ : 機動戦士ガンダムOO
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

機動戦士ガンダムOO 2nd Season #21 「革新の扉」

人員整理、続行中。 死んでも惜しくもない人ばかりなので、どーでもいいです。 ダブルトランザムで人類の革新とは、なめられたもんだな、人類(笑) なめられたもんだな、人の生き様のガンダム第21話

革新の扉

一方的と笑うか

機動戦士ガンダム00 2nd 21話 『革新の扉』

留美の怪我軽すぎだろう(ノ∀`)・∵.グハッ  あんなわき腹チョット怪我しただけでアノ大爆発を逃れる事ができたとか凄すぎるwww紅龍...

機動戦士ガンダム00 2nd Season 第21話「革新の扉」

アニューは刹那の手によって散り・・・ ライルに殴られた頬はまだ腫れていました・・・(ノД`) ほかに方法はなかった。。。 「あの...

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #21・「革新の扉」を観て寸評

 なんだかもう、最後の方になって、あわてて帳尻合わせで退場願っているような気が……俺の気のせいではないだろう。

「機動戦士ガンダムOOセカンドシーズン 」21話 革新の扉

刹那ははっきり瞳がイノベーターのそれになってしまってた。 あれ自体どういうメカニズムかは知らないけどもとりあえず革新に近づいていって...

機動戦士ガンダムOO2nd.第21話『革新の扉』感想

…私は既に涅槃に居るというのか…?ぎゃぼぼー!グラハムまでも裸祭り参戦で素顔以外の目のやり場に困るwつーか、涅槃ってさ…。刹那の細胞異常がもたらした変革とは即ちイノベイター化!?しかも純粋種とか呼ばれてるし。人類第1号とまで呼ばれてるし。あれはアニューで...

機動戦士ガンダム00 2nd season 第21話「革新の扉」

変化を望む者。

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第21話「革新の扉」

裁く者、裁かれる者。

機動戦士ガンダム00 second season 21話「変革の扉」

変革の始まり?

機動戦士ガンダム00 2nd Season #21 革新の扉

それぞれの意思

機動戦士ガンダム00 2nd #21

憎しみの連鎖が次々に悲劇を広げてゆきます。そんな中、刹那は人類初の純粋種のイノベイターとしての覚醒を始めているようです。前々回、ネーナに殺されたかと思った王留美でしたが、...

ガンダム002nd 21話 革新の扉

とうとう刹那とブシドーが裸の付き合いを始めました

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン・第21話

「革新の扉」 アニューは何かに取り込まれていた。そして、ルイスも…なぜかはわからないが確信する刹那。沙慈は、そんな刹那の変化を感じ...

(アニメ感想) 機動戦士ガンダム00 2nd season 第21話 「革新の扉」

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 2 [DVD]クチコミを見る ☆<2/26更新>前回(第20話 「アニュー・リターン」)の感想をポットキャストにて収録! 「なぜアニューの死に感動出来なかった?」等、アニメブロガーが集まりあれこれと真剣に語っております。聴きたい...

機動戦士ガンダム00 2nd season 第21話 「革新の扉」 感想

機動戦士ガンダム00 2nd season #21 「革新の扉」 刹那、人類初のイノベイター化…? 「俺は変わる」、「お前は変われ」、と言ってきましたけ...

機動戦士ガンダム00 2nd season 21話「革新の扉」

乙女座さんお帰り!! あ、でもEDは相変わらずブシドー表記でしたけど(笑) アニューを撃ったとき、刹那がそうしなければライルは生きていなか...

機動戦士ガンダムOO 第21話 「革新の扉」

機動戦士ガンダムOO セカンドシーズン   お勧め度:   []   TBS系 : 10/05 17:00   監督 : 水島精二   シリーズ構成・脚本 : 黒田洋介   メカデザ : 大河原邦男・海老川兼武・柳瀬敬之、中谷誠一   キャラデザ : 高河ゆん、千葉道徳   アニメ制...

機動戦士ガンダムOOセカンドシーズン/感想/第21話「革新の扉」

 「兄さん」(ライル・デュランディ)  『機動戦士ガンダムOO(ダブルオー)セカンドシーズン』の視聴ネタバレ感想、第21話「革新の扉」の感想です。

機動戦士ガンダム00 2nd season 第21話「革新の扉」感想

刹那・F・セイエイ、邪気眼発動!

ガンダムだぶるおー二期21話 あと5話ってことですね

えっと・・・ 見てる間はスゲェって思ってたけど、今もう一回見ながらこの記事書いてて・・・。 思うところが (;・∀・) 私は、職業柄、...

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第21話 「革新の扉」 感想

※画像は後で追加。かなり久々の00感想。セカンドシーズンも残すところあと3、4話になったわけですが、お世辞にもあまり良い感じではありませんね。留美もここに来てやっとイノベーターになりたかった理由などを話していましたが今更感が拭えなかった気がするなぁ。なりか...

機動戦士ガンダム00 2ndSeason #21『革新の扉』

やっと来たぜ、ブシドーVS刹那の“全力での”戦いがっ! しかも遂に仮面も外し、思いの丈をブチ撒け、自らをグラハムと名乗り!! くぅ~~感無量だぜ!と思った反面 ハダカ祭りの餌食になってしまわれたか……(涙) ということでブシドーが出て来たとなれば変則版の感想

[ガンダム00]変革、革新・・・保守はどうした? 2nd season 第21話

 最終回をダラダラと予想する。一体どういう感じで〆るつもりなのでしょう?  無難かなと思うのは、3期作る作らないは別にして「まだ続...

ガンダム00第2期21話「革新への扉」1

…先日、「もしブシドーさんが真ヒロインである沙慈を人質に、 刹那に決闘を申し込んだら、完全にシェイクスピアの世界だな♪」 とか思ってたら……この人マジでやっちまったよぉぉーっ!! 今週もたまーるさんと一緒に観てて、 仮面の偉大さにもう大爆笑♪ すっ...

機動戦士ガンダムOOセカンド・シーズン第21話『革新の扉』

さてさて誰が生き残って、誰が消えていくのやら・・・・、

機動戦士ガンダム00 2nd season「革新の扉」

アニメガンダム00感想。[:hide:] 沙慈は何だか他人を責めるポジションになってるよーな。 刹那がおかしいのは……、いや、おかしくなかったときっていつだろう。 暗闇の中で刹那の目が猫の目のように光っていました。 これが変革なのか。 じ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

FC2カウンター
プロフィール

モンド

Author:モンド
オレの自堕落なオタク生活をグダグダと書きなぐるブログのつもりが、気付けば微妙に古いアメトイメインのブログに。どうしてこうなった!

Archiveα+Daycount
CalendArchive
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。