スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皇帝降臨

キバエンペラーフォーム 031

届いてからしばらく経ってようやく開けたけど、めっさカッコいいのね。

キバエンペラーフォーム 004

って事で、今日のフィギュアは バンダイ 魂ウェブ商店限定 S.I.C. 仮面ライダーキバ エンペラーフォーム です。主役の最終フォームでありながら一般販売されないという、常識では考えられないほど不遇の扱いを受けたエンペラーフォーム(電王の超クライマックスフォームもそうだけど、アレはテレビ版じゃないので別枠)。販売方法については言いたい事が山ほどありますが、アクセルフォームやワイルドカリスに比べれば良しとすべきでしょうね。

キバエンペラーフォーム 010

キバエンペラーフォーム 008

中身。いつもの限定SICとは違いパーツ数が豊富です。素の状態のタツロットも付属してます。

キバエンペラーフォーム 013

キバエンペラーフォーム 016

キバエンペラーフォーム 020

キバエンペラーフォーム 022

“エンペラー”というだけあってゴージャスな見た目です。スポーンばりにはためくマントも良いですね。

キバエンペラーフォーム 024

キバエンペラーフォーム 028

キバエンペラーフォーム 026

キバの時も書きましたが、元々がSIC寄りなデザインという事で、他のキャラ以上にSIC的アレンジとの相性が良いです。こんだけカッコ良いんだから、一般販売しても普通に売れたと思うんですけどねえ。

キバエンペラーフォーム 007

キバエンペラーフォーム 014

キバエンペラーフォーム 016

タツロット。

キバエンペラーフォーム 002

これくらいしか使い道が思いつかねえ。

キバエンペラーフォーム 058

キバでは銀色に塗られていた各種フエッスルが何故かクリアになってます。

キバエンペラーフォーム 064

ヒザのダイキャストパーツが脚との噛み合わせが悪く、カタカタ鳴るのが困り物。まあポロリするわけじゃないから、そこまで気にする事じゃないですけどね。

あ、今回のパーツポロリは肩の襟部分と太モモのパーツです。あと、キバットに装着した時のフエッスルも外れやすいですね。一度ポロリした挙げ句に、飛んでった先がフィギュア放り込んでる段ボールの中で、取り出すのスゲエ苦労しました。

キバエンペラーフォーム 040

左腕には装着状態のタツロット。

キバエンペラーフォーム 038

キバエンペラーフォーム 036

キバエンペラーフォーム 044

キバエンペラーフォーム 056

キバエンペラーフォーム 052

可動の良さは流石と言った所でしょうか。最近はアメトイでも可動に力を入れているメーカーも出てきましたが、可動よりも造形が優先される7インチフィギュアにおいては、SICの可動レベルは世界最高峰と言っても過言ではないんじゃないかと思います(つっても7インチフィギュア作ってるメーカーなんて日米のくらいしか知らんけど)。また、今回はマントが広げられるので、ポーズの幅が更に広がっています。

キバエンペラーフォーム 090

キバエンペラーフォーム 094

ザンバットソード。刀身が塩ビなので微妙にシナってます。メイドインCHINAだけにねっ。普通にプラ製にしてくれた方がありがたかったんですけどねえ。

キバエンペラーフォーム 098

キバエンペラーフォーム 102

キバエンペラーフォーム 108

作中で特徴的だったリロード(?)アクションも可能です。ただ、赤い刀身が付属していないため、ファイナルザンバット斬がイマイチ雰囲気が出てないのが残念な所です。

以下、ブブーンドドドゥタイムをお送りします。

キバエンペラーフォーム 016

キバエンペラーフォーム 014

キバエンペラーフォーム 018

キバエンペラーフォーム 002

キバエンペラーフォーム 006

次は皇帝と王様の戦い。

キバエンペラーフォーム 114

キバエンペラーフォーム 118

キバエンペラーフォーム 120

SICブレイドって結構動いてた気がしたんだけど、キバと比べるとかなり動かしづらかったです。アクションフィギュアとしてのSICの進化を感じました。

キバエンペラーフォーム 048

最後は親子共演。

正夫「パパ、行くよ!」

渡「パパって言われても・・・・・・」

これやって思ったんだけど、バックルが3種あるんだから、キバットバットⅣ世が一つくらいあっても良かったかなあ。

以上、エンペラーフォームでした。魂ウェブ商店限定アイテムと言うと、ちょっとしたリペやリデコがメインで、フィギュアとしての出来よりはコレクターズアイテムとしての価値が重視されがちですが、このアイテムは単純にフィギュアとしてカッコ良いです。ダークキバとイクサの発売が決まったのを考えると、売れ行きも良かったんでしょうかね。こうなると真の最強フォームである飛翔態も欲しい所ですが、それは流石に無理かな。


スポンサーサイト

テーマ : フィギュア撮影
ジャンル : サブカル

トラックバック

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

おお、スポーンの鳥と蛇女が(笑)・・・・・
あの頃の争奪戦を思い出しました。
SICブレイドシリーズはたまに弄る毎に関節がこわれていくのが悲しい・・・・・

>30型様

はじめましてです。

私はスポーンにハマったのが一昨年だったので
当時のブームは傍で見ていただけでしたが
結構スゴかったらしいですね。

SICの関節破損報告は色んな所で耳にします。
いつかウチのフィギュアも・・・・・・(汗)。
FC2カウンター
プロフィール

モンド

Author:モンド
オレの自堕落なオタク生活をグダグダと書きなぐるブログのつもりが、気付けば微妙に古いアメトイメインのブログに。どうしてこうなった!

Archiveα+Daycount
CalendArchive
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。