スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第20話「アニュー・リターン」の感想

【あらすじ】 

 ガンダムたちはヒリング、リヴァイブと共に現れた新型機に苦戦する。ケルディムと新型機はもみ合いながら戦闘領域を離れていく。ケルディムに搭乗するライルは新型機に機体ごとぶつかっていく。

※今回ネタバレあるから本編見てない人は避けた方がいいよ。
 まあ予想通りだったんだけどさ。
【感想】

 今週はちゃんとAパートから見ました。

 前回のラストから大方の視聴者が予想していた展開になってしまいました。ダブルオーライザーの粒子によって、アニューが最期にライルと通じ合った状態で死ぬ事が出来たのはせめてもの救いでしょうか。その意味ではアニューはライルのもとに戻ってきたと言えなくもないわけで、それゆえの「アニュー・リターン」なのでしょう。

 この二人の関係はそのまま沙慈とルイスの関係に当てはまるものであり、今回の悲劇は彼らが辿る運命の一つの可能性であるというのも示唆されていました。それ自体は展開としては悪くないのですが、こういう場合って同じパターンが2度続くって事はあまり無いものなので、アニューというキャラクターが沙慈とルイスの関係を盛り上げるために存在したのかと思うと何ともやり切れないものがあります。

 それに「裏切り→死亡」をたった2週でやっちまうってのは、個人的にはどうかと思うんですよね。折しも終盤という事で、このような性急な展開はどうしてもクライマックス前の人員整理という印象が拭えません。ストーリーそのものは決して雑なものではないだけに、余計に惜しいように感じました。

 とはいえ、ウダウダと悩んで無駄に時間が流れるようなベタな展開でなかった事は評価したいと思います。刹那が今やるべき事を見極めた上で行動し、その責めを受ける事を覚悟した上でアニュー機を狙撃した姿は、正しくヒーローのそれでした。また、理不尽な怒りである事を理解しながらも、刹那を殴らざるをえないライルの姿は、今回の悲劇を締めくくるのに相応しいシーンであったと思います。

 その後に何か貧相な女が出てたような気がしますが、きっと気のせいでしょう。 

 さて、今回気になったのはリヴァイブの言った「同タイプである僕とアニューは思考をつなぐ事が出来る」という言葉。そうなるとティエリアとリジェネにも同じ事が言えるように思えるのですが、どうなのでしょう。リジェネはリボンズによって作られた存在で、それがティエリアと同じ姿をしているというのは何らかの意味があるはず。残り少ない話数でその伏線が活かされるのかは不安ですが、リボンズに反旗を翻し損なったリジェネがこのまま終わるはずもないので、何かしらの動きはあると期待したい所です。

 でもなあ、アニューがイノベイターとしての記憶を消去した状態でCBに入った理由も、ストーリー盛り上げ要員って事以外は結局明らかにならなかったしなあ。やっぱその辺はテキトーに済まされるんだろうなあ(追記:自覚があったような発言もあったけど、過去のシーンはどう見ても無自覚だろう)。

 最後は戦闘シーンについて。ライルがアニュー機のファングを撃ち抜く構図が、ファーストガンダムでアムロがエルメスのビットを狙撃する構図と全く一緒で、スタッフのファーストへのリスペクトっぷりに脱帽しました。一方、曲がるビームをモロに受けたのがアレルヤ一人だけという不遇っぷりは滑稽を通り越して哀れですらありました。

 一応ソーマが心配してたっぽい様子があっただけ、最近の扱いの中ではマシな方か。

【今週の見所】

・アレルヤの見事な被弾っぷり

・リボンズの容赦ない外道っぷり

・猫部長の華麗なトランザムっぷり

 来週は一週開けてネーナが登場。終盤って事で展開がせわしネーナ(最低な締めだな)。
スポンサーサイト

テーマ : 機動戦士ガンダムOO
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ガンダム002nd 20話 アニュー・リターン

何が残念って内容よりも作画だろう

「アニュー・リターン」 機動戦士ガンダム00 2nd season 第20話

機動戦士ガンダム00 2nd season 第20話「アニュー・リターン」 「戦う理由がない。戦えない理由の方が多い」 2期に入ってから、刹那は達観し...

ガンダム00 セカンドシーズン ♯20 アニュー・リターン

 最初からアニューはあまり好きではなかったのですが、時々見せるライルへの想いが今回はよく出ていて良かったですね。

◆機動戦士ガンダム00 2nd #20「アニュー・リターン」

刹那がカッコ良すぎてびびったぜ; アニュー・・・・・(涙 しかし貧乏姫の介入で苛立ちが涙をも超えたぜ・・・orz 以下感想です。

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン・第20話

「アニュー・リターン」 ラッセを撃ち、ミレイナを人質に取ったアニュー。システムダウンしたトレミーのその中で… 祝・ラッセさん、死亡...

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第20話「アニュー・リターン」

裏切ったアニューの乗るモビルスーツを破壊した刹那に、事もあろうか逆ギレとか、ロックオンもずいぶんとヘタレたものですな。ここはもうちょい他にやりようがあったのでは無いのかなぁ・・・・・・怒りにまかせてボッコボコとか、ロックオンの性格を考えると余りにも陳腐...

「機動戦士ガンダムOOセカンドシーズン 」20話 アニュー・リターン

アニュー・リターンは名前じゃなくてそのままリターンしてくるということなのかな?イノベーターに行くにしてもライルの下に戻ってくるにし...

機動戦士ガンダム00 2nd 第20話「アニュー・リターン」

イノベーター・アニューを撃ったのは、 ライルではなく刹那でした。 「ねぇ、私達、分かり合えていたよね・・・」 「ああ、勿論だとも・・・」 「良かった・・・」 これが「来たるべき対話のため」なのでしょうか・・・?。 そして、マリナ姫の歌は脳量子波が飛ぶと流

(アニメ感想) 機動戦士ガンダム00 2nd season 第20話 「アニュー・リターン」

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 2 [Blu-ray]クチコミを見る ☆<2/19更新>前回(第19話 「イノベイターの影」)の感想をポットキャストにて収録! アニメブロガーが集まりワイワイと語っております。聴きたい方は↓をクリック ★ガンダム00 第19話感想談

機動戦士ガンダム00 2nd Season 第20話「アニュー・リターン」

ライルは愛するアニューを狙い撃てるのか!? ついにイノベイターとして覚醒したアニュー! ラッセさんを撃って、ミレイナを人質に逃走で...

機動戦士ガンダム00 #20「アニュー・リターン」せっちゃん、空気読め。

・・・ブシドーの考えって、何だろう。 それが、気になってました。 はい。 アニューは、確実に、今回で終わるだろうな。 何て、思ってます...

機動戦士ガンダムOO 2nd season 第20話 『アニュー・リターン』

リヴァイヴによるダブルオー奪取は辛うじて防いだが。 オーライザーは損傷し、トレミーのシステムもずたずたに…。 アニューを撃てなかった...

[ガンダム00]永遠のアニュー 2nd season 第20話

 もうお姫様でもなんでもないからwだって国家の体制も変わっちゃったし。あ、マリナさんの事ね。貧乏姫とか歌姫とかニート姫とか、もう「...

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #20 「アニュー・リターン」

脳量子波が使えるのはイノベータだけでなく、超兵もでしたね。流石は、ソ\\ーマ・ピーリス。

機動戦士ガンダム00 2nd season 第20話「アニュー・リターン」

分かたれた二人。

機動戦士ガンダムOOセカンド・シーズン第20話『アニュー・リターン』

愛し合う二人をさえぎるものは・・・・、

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第20話「アニュー・リターン」

帰らなかった女、そして殴る男。...

機動戦士ガンダム00 2nd season 第20話 「アニュー・リターン」 感想

機動戦士ガンダム00 2nd season #20 「アニュー・リターン」 アニューが逝きました(´・ω・)

機動戦士ガンダムOO2nd.第20話『アニュー・リターン』感想

アニューはラッセをマジで撃った模様。しかもツインドリル・ミレイナを人質に!その様子は、リヴァイヴの口から語られたのだった。というのも思考を繋ぐイノベイター、殊に同タイプ同士だとその結びつきが一層強くなるのだとか。ところがイノベイターの脳量子波の干渉を受...

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第20話「アニュー・リターン」

捕虜になったのに強気なリバイバル・・・ って言うかCBには独房とかないんですか? ・・・・在ったよな~~サジそこに入っていたもんな~~ ミレイナには悪いけどこの場合、リバイバル(イノベイター)との人質交渉には役不足な気が と言うか何でCBの皆さんあんな...

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #20・「アニュー・リターン」を観て寸評

 うーん……こうなるんじゃないかと予め予想されていたというのに、実際そうなってみると結構厳しいというか。

機動戦士ガンダム00 2nd season 20話「アニュー・リターン」

『ヒリング、リヴァイヴと共に現れた新型機に苦戦するガンダムたち。ケルディムと新型機の両機は、もみ合いながら戦闘領域を離れていく。損...

機動戦士ガンダム00 2nd 20話 『アニュー・リターン』

アレルヤまたしても…_| ̄|○ il||li  冒頭から台詞もあってマリーに助けてもらってヽ(*´∀`)ノ キャッホーイ!!と思っていたら、右半身持っ...

機動戦士ガンダムOO 2nd 第20話 「アニュー・リターン」

ラッセさんやはり撃たれてました(^^; 命に別状があるかどうかはわかないけど、このまま死ぬことはないでしょうw

機動戦士ガンダム00 ? 第20話「アニュー・リターン」

機動戦士ガンダム00 ? 第20話「アニュー・リターン」 ヴェーダの所在について問いかけるCB。しかしリヴァイブは知らないと言い、本来は自分たちが使用するものだと言う。イオリアの真意「来るべき対話のため」を告げるリヴァイブ。そこまで言っていいの? そこへフェ

機動戦士ガンダム00 2ndSeason #20『アニュー・リターン』【善良版?】

えぇ~っと。今回の感想は【善良版?】と【辛辣版!】に分けて書こうかな、と。 なので「感動した!」という方は途中で読むのを止めるが吉です。 …どうしても見てて相反する気持ちを感じずには居られなかったんですよね…。 機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1 [Blu-r...

機動戦士ガンダム00 2nd season 第20話「アニュー・リターン」

機動戦士ガンダム00 2nd season 第20話「アニュー・リターン」の感想 リヴァイヴを捕えたCBはヴェーダの場所を聞きだしますがヴェーダの位置は知らない模様。 同時刻、アニューがイノベイターとして目覚め ミレイナを人質に取り格納庫へと向かいます...

ガンダム00 2nd #20 アニュー・リターン

テレビ版の 『機動戦士ガンダム00(ダブルオー)』 を見ました。 (以下セカンドシーズンのネタバレです。まだご覧になっていらっしゃらない...

機動戦士ガンダム00 第20話「アニュー・リターン」

裸裸裸~♪・・・アニュー呆気ないよ(´・ω・`)

機動戦士ガンダムOO セカンドシーズン 第20話「アニュー・リターン」 感想

もう20話ですよ!!! <広告リンク> ノートンプレミアムサービス ※クリックし

ガンダム00第2期20話「アニュー・リターン」

うーん、本当はアニューとライルのカラーイラストを きちんと仕上げてからレビュー上げたかったんですけど、 もう今夜は力尽きた感じなんで。こんなもん昼に描いたからだっつーの。 今回も恐縮ながら、トラバはこちら記事へ。 更新多少遅れますが (どーしてもライ...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

貧相な女は幻影です。笑

モンドさん、こんばんは。今回も多々、同意見のところばかり
だったので、コメさせていただきました。

私もライルとアニューの恋愛模様は、余りにも描写不足だと
思います。まあ多くのブロガーさんがご同感してくれると
確信してますけど。笑
どうしてもアニューが富野ガンダムにおける、悲劇のヒロイン
とダブってしまうので、特にそう感じました。
ロザミィやサラ、無自覚で裏切り者になった人と自覚のあった
2人の姿がアニューに重なりましたが、彼女らのドラマは
それはそれは丁寧に練りこまれてましたしねえ。

あそこで刹那があの行動に出たのも、大きな成長を感じます。

ただ、ここまで富野的表現を使って、これから残りたった5話で
壮大に広げてしまった風呂敷を包み終われるのか、
とても不安でなりません。最後まで緩めず進めて欲しいものです。

リジェネとティエリアについて、リボンズがどういう意図で双子
タイプで作ったのかはわかりませんが、これからイノベ側の
ドラマも泥沼化していくのは間違いないですよね。
沙慈とルイスの悲劇度もマックスですし、もうラストまで
ひたすら見守るしかないんでしょうが…。

アレルヤの被弾には爆笑でした。友達と携帯で話しながら
観てて「…ソーマを少しは見習えよ…」と。
でもやられたアレルヤをみてソーマが「よくもっ」と
言ってたんで、ああやっぱりちゃんと気持ちはあるんですね。
またまたお邪魔致します♪

>空想野郎様

そうですか、やはりあの女は幻でしたか。
どうりで影が薄いと思いましたよw

にしても、どうもここ最近のダブルオーは
悪い意味でスピーディになっていますね。
セカンドシーズンは元々展開が早かったですが、
終盤なんだしそろそろジックリやって欲しい所です。

とはいえ、ご指摘のように広げた風呂敷が大きすぎたせいで
そうもいかないというのが現状なのでしょうね。
この辺はギアスにも通じる所がありますね。

しかも、ルルーシュ個人の物語としては一貫していたギアスと異なり、
ダブルオーは各キャラの動向が物語を動かす作品ですから、
下手な描写不足は作品の評価に致命的な影響を与えかねない気が。

とはいえ、要所要所でやるべき事はやっていると思うので
十分見ごたえはありますけどね。
FC2カウンター
プロフィール

モンド

Author:モンド
オレの自堕落なオタク生活をグダグダと書きなぐるブログのつもりが、気付けば微妙に古いアメトイメインのブログに。どうしてこうなった!

Archiveα+Daycount
CalendArchive
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。