スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マン・オブ・スティール見てきた

普段「マーベル<DC」とか言っておきながら(いや、もちろんマーベルも好きですよ)、公開後最初の休みが土師祭と被ったおかげでなかなか行けなかったんですが、こないだの連休でようやくマン・オブ・スティール見る事が出来ました。

いや~、面白かった!

正直言うと、前半は微妙な部分も多かったんですよ。クリプトン星崩壊の流れは「もう見るからに滅亡直前なのに、何でこんなにのんびりしてんの」とか「裁判やってるヒマあるなら脱出しろよ」と、展開的に無理があるような気はしましたが、異星人の感覚は我々とは違うのかもしれないと自分を納得させて見てました。また、竜巻のシーンでは「スーパーマンはスパイダーマンじゃないんだから、そんなドラマティックなエピソードいらんだろ」と思ったんですが、2時間半の中でヒーロー精神が形成される過程を描写しなきゃいけないから、これもまあ仕方ないかなあと再び自分を納得させて見ていました。

でも、それ以外の所は非常に見ごたえがありました。特に、ドラゴンボールを髣髴させるようなウル姉さんの無双っぷりや、スーパーマンとゾッド将軍のバトル、迫力満点でした。実写でやるとややギャグっぽい印象も受けるのですが、それを大真面目に撮るザック・スナイダー監督は流石です。やはり『300』の監督なだけの事はあります。スーパーマンの超人的なパワーを地に足をつけた描写で映像化していたと思います(スーパーマン自体は飛んでばっかりだけどw)。

ヘンリー・カヴィル演じるクラーク・ケントも、予告編で見ていた以上にクラークのイメージに近くて、スーパーマンの世界を実写化するというのに効果的な役割を果たしていたと思います。過去のクラーク役の俳優のように、このままクラーク・ケントのイメージが定着しすぎて、他の仕事が貰えなくなっちゃうんじゃないかと心配になるくらいでしたよ。

また、原案・製作をつとめたクリストファー・ノーランお得意の、原作設定の独自解釈は今回も健在で「おお!」と感心させられる所が多かったです。地球育ちのクラークがクリプトンの大気に馴染めないってのは、モロにクリプトナイトの設定だろうし、ラストバトルの結末はスーパーマンの不殺の信念を確固たるものにする要素として十分なものでした。市街戦で吹っ飛ばされるタンクローリーにレックスコープの社名が書かれてたのも、ニヤリとさせてくれる所ですね。

(こっから軽くネタバレ含む感想)

続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

FC2カウンター
プロフィール

モンド

Author:モンド
オレの自堕落なオタク生活をグダグダと書きなぐるブログのつもりが、気付けば微妙に古いアメトイメインのブログに。どうしてこうなった!

Archiveα+Daycount
CalendArchive
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。