スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第56話「大総統の帰還」の感想

【感想】

 今週はホーエンハイムとお父様、ブリッグズ兵&グリリンと大総統の戦闘がメインだったわけですが、前者は二人の戦いが持つ意味、その質の重さで魅せたのに対し、後者は戦闘そのものの動きで魅せる内容と対照的に描かれており、綺麗な構成になっていました。特に、大総統と戦車の戦いに関しては「これぞアニメーション」と言わんばかりの躍動感溢れるアクションシーンで、原作で読んだ時以上に迫力のあるものに仕上がっていました。敵キャラにここまで見せ場を作るってのも珍しいですが、大総統がそれだけ魅力のあるキャラクターだという事の表れかもしれませんね。

 その他で面白かった部分としては、大総統が帰還したという報を受け、機転を利かせて全てをブリッグズ兵になすりつけようとするラジオ局の面々ですね。躊躇する事なくそれを行ったブレダ、その行為を快く思わないにもかかわらず止める事の出来ないロスとフュリー。クーデターの持つ予測不能な流れというものを感じさせ、妙にリアリティがありました。

 あと、個人的に外せないのはファルマン少尉の泣きべそシーンですね。「男泣きを演じさせたら日本一」とオレが勝手に思っている浜田賢二さんだけあって、良い感じにヘッポコで良い感じに男らしい泣き方になっていました。

【今週の見所】

・大総統の圧倒的な戦闘力

・バッカニア大尉の漢ぶり

 早くも戦国BASARA2の予告が。そろそろ終わりなんですねえ。
 
スポンサーサイト

テーマ : 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIS
ジャンル : アニメ・コミック

FC2カウンター
プロフィール

モンド

Author:モンド
オレの自堕落なオタク生活をグダグダと書きなぐるブログのつもりが、気付けば微妙に古いアメトイメインのブログに。どうしてこうなった!

Archiveα+Daycount
CalendArchive
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。