スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第9話「創られた想い」の感想

【感想】

 一瞬だけ師匠出たな。

 ウィンリィが中央の駅に到着した際、原作でも背後にカーティス夫妻(っぽい人ではなく本人達)がいたわけですが、今回のアニメでも後ろを通り過ぎていきました。2度目のアニメ化という事で、流石にこの辺は手慣れていますね。

 さて、今週はエルリック兄弟とウィンリィの絆の深さが描かれる重要な回だったわけですが、良いシーンというのは何度見ても良いと言いますか、素直に感動しました。特に、ヒューズとウィンリィの会話のシーン、アルがエドに対して苦悩をぶつけるシーン、過去のエドが涙ながらに自らの所業を後悔するシーンは、BGMが効果的だったのと演じる声優の技量がハイレベルな事もあって、原作よりもインパクトが強く描かれていて良かったです。

 また、もともと原作でも良い回だったというのもありますが、自分の記憶が本物か悩むアルの前にロボットのおもちゃを歩かせたり、悩むシーンを2つに分割したりと、アルの苦悩を原作よりも印象深く描く事で、最後のエルリック兄弟の仲直りがより感動的なシーンになっており、演出と構成がかなり上手く出来ていたと思います。よく展開が早いと言われる本作ですが、今回30分でここまで描けたというのは、逆に評価すべきなのではないでしょうか。

 ここ2回は原作準拠であるという事とアニメーションであるという事、それぞれの利点が上手く活かされており、原作付きアニメの良さというのが出ていますね。 

 次回はいよいよあの回。心して見ないとね。

【今週の見所】

 ・中央駅でのカーティス夫妻
 
 ・ヒューズの頼れる大人っぷり

 ・エドとアルの仲直り 
 
 少佐によるエドの再負傷と色ボケ軍曹がカットされてたのはちょっと残念。

スポンサーサイト

テーマ : 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIS
ジャンル : アニメ・コミック

FC2カウンター
プロフィール

モンド

Author:モンド
オレの自堕落なオタク生活をグダグダと書きなぐるブログのつもりが、気付けば微妙に古いアメトイメインのブログに。どうしてこうなった!

Archiveα+Daycount
CalendArchive
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。