スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第8話「第五研究所」の感想

【感想】

 ボンズだけあってアクション回は盛り上がるなあ。

 という事で、今週は第五研究所でのエルリック兄弟vsナンバー48、66戦。前作ではエルリック兄弟と過去にちょっとした因縁があったバリー・ザ・チョッパーことナンバー66ですが、今回は原作通りに初顔合わせ。生前の悪行を嬉々として語り、マンガ肉をバックにお茶目に決めポーズを取り、それでいて躊躇なく人を殺す66が、原作での狂人ぶりを上手く再現出来ていたと思います。そうそう、狂人と言えばキンブリーさんも出てましたね。今後の活躍を予感させるような不気味な雰囲気を醸し出していました。

 また原作ではそれほど感じなかったのですが、対48戦の決着の付け方もアニメで見ると非常に整合性があって感心させられました。錬成させる隙は与えられなくても、再構築の一歩手前である破壊までは行えるという事で、スカーを真似た攻撃での勝利。直前の死を意識した事によりスカーを思い出し、それにより逆転の手段を思いつく。少年マンガの王道のような展開ですが、それだけに面白かったです。アニメにより原作の良さを再発見するという、原作準拠のアニメの良い点が発揮されていたと思います。戦闘シーン全体に関しても、その実力はソウルイーターをはじめとした過去の作品で実証済みのボンズなので、安心して盛り上がる事が出来ました。

 そしてマスタングとヒューズの会話。コメディからシリアス、シリアスからコメディへの切り換えがキレイに決まっていたと思います。特にCパートでのヒューズの「早く嫁さん貰え」からマスタングの「やかましいわっ!」のまで流れが良い感じに笑いを誘う終わり方になっていました。

 でも、ウィンリィがやってくるって事はそろそろアレがあるのよね。

【今週の見所】

・ナンバー66のイカレっぷり

・迫力の戦闘シーン

・ヒューズとマスタングの長電話

 ところで、殺人鬼(宇宙人だったかも?)を倒したと思ったら実は双子で、2人目も倒した後に「まさか三つ子って事はねえよなあ」って感じで終わるB級映画があったらしいんだが(友人が10年ほど前に深夜テレビで見たそうな)、もしかしてそれが元ネタなのかな。

テーマ : 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIS
ジャンル : アニメ・コミック

ただの日記 09/05/23

 財布の中を整理してたら、昔近所にあったネットカフェの会員カードが出てきました。物心ついた頃には既にオタクだった私ですが、自宅がネット環境になったのはほんの数年前です。キッカケはそのネカフェが閉店した事によるものでした。当時さいたま市内のドンキで放火事件があって、その関係で市内の消防法関係の手入れが厳しくなって、そのネカフェも見事に閉店に追い込まれてしまいました。

 ウチから歩いて行ける唯一のネカフェだった上に、コミックスの在庫も豊富で、更にはホビージャパンも電撃ホビーも置いてて使い勝手も非常に良かったため重宝していました。入り浸ったあまりに吐きそうになるまでドリンクバーのジュースを飲みまくったのも今となっては良い思い出です。家がネット環境になった今でも、読みたいけど買うほどでもないマンガを読むため、あるいはイベントで上京した時の時間つぶしなどでネカフェに行く事もありますが、あそこまで使い勝手の良かったネカフェは無いッスね。

 しばしノスタルジーにひたった後、会員カードは記念に残しておこうかとも思ったのですが、何かの機会が無ければ物が捨てられない人間なので、良いタイミングだという事で捨てました。ていうか、部屋の中にどんどん荷物が溜まっていく・・・・・・。四次元ポケット欲しいなあ。

テーマ : オタクの私生活
ジャンル : サブカル

ただの日記 09/05/22

 今日は先週の土曜出勤の代休で一人カラオケ行ってきました。6時間ほど。先月も3~4時間ってのは2度ほど行ったのですが、5時間オーバーのヒトカラは久々です。前に7時間やった時は5時間過ぎた辺りから頭クラクラしてたんですが、今回は朝メシ食ってからいったおかげか普通に6時間歌いまくってきました。

 で、分かった事。

 けいおんのEDはキー下げて歌うとV系っぽくなる!

 前にニコ動かようつべで上がってたんですが、実際にやってみるとホントに同じような感覚で歌えて、V系大好きっ子のオレとしては嬉しい発見だったり。

 オレの歌なんか人様の前じゃ聞かせらんねえけどなw

 それはさておき、オレが行ってるカラオケ屋はUSEN系列なので機種がUGAなんですが、あそこでアニソン歌うのって結構キツいッスわ。本編画像を流すのはいいんだけど、モノによっては泣けるシーンを流しやがるので歌に集中出来やしねえ。

 個人的にヤバいのはSTAND UP TO THE VICTORY(最後のサビで最終回のカテ公との一騎打ち)、カサブタ(2番以降はガッシュ対コルル戦)、アンインストール(1番は基本的にOPまんま、2番以降は本編ダイジェスト)ですかね。特にアンインストールなんか歌・映像ともに全体的に悲壮感満載なもんだからマジ大変。流石は本編よりも主題歌の方が原作を上手く表現していると言われたアニメ版『ぼくらの』だけの事はあります。

 

テーマ : オタクの私生活
ジャンル : サブカル

恐怖蝙蝠男

ムビリア バットマン 040

ムビリアも派生シリーズだから、カテゴリ:S.I.C.でいいよね、答えは聞かないけど。

続きを読む »

テーマ : フィギュア撮影
ジャンル : サブカル

09/05/20の巡回

巡回時間は21:00です。

よつばとフィギュア
・マックスファクトリー 涼宮ハルヒの憂鬱 1/8長門有希 激奏Ver.

やまやま話
・バンプレスト 仮面ライダーDX組立式スタチューモデル 仮面ライダーV3

はっちゃか
・メガハウス P.O.P ワンピース NEO-4 赤髪のシャンクス

獅子王の檻
・バンプレスト 鉄のラインバレル 組立式DXフィギュア 城崎絵美

悠久なる雪月花-Blog Edition Rebuild-
・バンプレスト 鉄のラインバレル 組立式DXフィギュア 城崎絵美

怪人の集会所2
・マックスファクトリー 涼宮ハルヒの憂鬱 1/8長門有希 激奏Ver.

流楽街2ndCity
・トミー メカ生体ゾイド RPZ-02 グスタフ
 トミー メカ生体ゾイド EMZ-31 シーパンツァー

ガムの玩具店
・バンダイ 魂ネイション2009開催記念 超合金魂 GX-24N 鉄人28号【ネイキッドバージョン】

TASTE
・バンダイ DX超合金 VF-25S(オズマ機)


アルファオメガ エクセレントモデルCORE クイーンズブレイドEX 甲魔忍軍頭領 シズカ
          を紹介して下さった皆様、誠にありがとうございました。

テーマ : フィギュア撮影
ジャンル : サブカル

日本のスーパーヒーロー/アメリカのスーパーヒーロー

 次回フィギュアレビューしようとしてるネタの関係で、某スーパーヒーローをネットで調べてるんですが、スーパーヒーローものにおける日米の違いというのが見えて興味深かったので、今日はちょこっとそんな事でも書いてみようかと。

 スーパーヒーローっていうのは人によって考え方が違うと思いますが、今回は「勇気ある気高い行為で知られ、通常は派手な呼び名とコスチュームを持ち、一般の人類を超越した能力を持っている、キャラクター類型の一種」(wikipediaより抜粋)という定義で話しますね。要はスーパーマンとか仮面ライダーとか、そういう事ッスよ。

※今回無駄に長い上に、それぞれのジャンルを中途半端にカジってる人間の言う事だから、的外れな事ばっか言ってるだろうし一旦区切るわ。
 

続きを読む »

テーマ : オタクの私生活
ジャンル : サブカル

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第7話「隠された真実」の感想

【感想】

 ホントに淡々と進むね。

 スカーvsラスト・グラトニーのシーンでも長めにやってくれてればもうちょっと印象も違ってたんでしょうが、相も変わらず原作通りに進む上に、前作のアニメでもあった展開なので、特にこれといった感想も出てこないという状況。賢者の石の材料が生きた人間ってのは所見では結構なインパクトがあったものですが、既知の事実として認識してしまっていると、ストーリーを進めるための1フラグとしか見れませんでした。

 で、最近気になってるのが「このアニメってハガレン初心者にはどういう評価なのか」という事。他の感想ブログの方もほとんどが原作、前作を見た事のある人ばかりで、ニーナ&タッカーさんのエピソード以外は本作の評価がイマイチよろしくないなあという印象を受けます。実際、現時点ではオレもそういう評価なんですが、じゃあ何が悪いのかというとコレといった欠点も見当たらないんですわ。

 本作の問題点としてよく挙げられる展開の早さについても、前作のアニメと比べたら確かに早いのですが、原作と比較するとリオール編以外はそれほど早いとも思えないし、ボンズだけに絵的な面での不満は無いし、前作とのキャスト変更は好き好きって所もあるから、これを以って単純に欠点と評するべきではないし、別にマズイ所って無いように思うんですよねえ。

 にもかかわらず物足りなさを感じるのは原作に忠実すぎるからなのかなあ。そうなると「原作に忠実」というのも考えものだなあと感じずにはいられません。実際、アニメと一緒に原作を読んでると、構図までまったく一緒なシーンが非常に多いですから(何故か左右反転してるのが多いけど)。

 ってなると、やっぱ初見の人の評価が聞きたいのですが、なにぶん前作が放送されたのがほんの数年前なだけに、大半の人間が一度は見てるんですよね。やっぱ一番の問題は再アニメ化するのが早すぎた、この一点に尽きるのでしょうかねえ。

 それはさておき、今週の感想も簡単に。マリア・ロス少尉(とついでにデニー・ブロッシュ軍曹)が初登場だったわけですが、CVが名塚さんってのはどうもミスキャストにしか思えませんでした。さっき「前作とのキャスト変更は好き好き」って書いた直後にコレはどうかとは思いますが、ロス少尉ってもっと大人っぽいイメージで描かれていたので、名塚さんの声とはどうにも合わなかったような気がします。単発エピソードのキャラならそれも許容範囲かとは思えますが、原作通りやるならロス少尉は結構重要なキャラだし。

 あ、一応断っておきますが、名塚さんの声自体は大好きですよ。ていうかカヤかわいいよカヤ。

【今週の見所】

・ごめん、思いつかね。

 次回は戦闘パートなので感想も変わってくると思うんですが、どうなる事やら。 


テーマ : 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIS
ジャンル : アニメ・コミック

FC2カウンター
プロフィール

モンド

Author:モンド
オレの自堕落なオタク生活をグダグダと書きなぐるブログのつもりが、気付けば微妙に古いアメトイメインのブログに。どうしてこうなった!

Archiveα+Daycount
CalendArchive
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。