スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第4話「錬金術師の苦悩」の感想

【感想】

 前作よりは重苦しさが減ってた気がする、良くも悪くも。

 1作目だとオリジナルの過去編でもタッカー親子が出ていたため、タッカーさんの善人としての側面が原作以上に描かれており、それによって彼が追い詰められていく様、それに続く悲劇の重みが増していました。対して、今回は1話で全てを描いており、前作よりどうしてもインパクトが薄くなってしまいますが、原作に忠実な展開だったのは今回の方だというのは何とも面白い逆転現象です。それだけ前作でのこのエピソードの衝撃は大きかったという事でしょうか。

 じゃあ今回がダメだったのかというと決してそうではなく、これはこれで見ごたえがありました。研究が上手くいっていないと言った時の表情や、書物を読みふけるエドを見る時のカットから、タッカーさんの「一見すると優しそうな、それでいて何処か心に闇を持つキャラ」というのが最初から表現されており「コレは何か重い話が来るな」という予感を上手くのぞかせていたのではないかと思います。また、ニーナを演じたのがリアル幼女という事で、彼女の無垢さ、無邪気さが存分に描かれており、彼女の身に降りかかる悲劇というのがいかに理不尽なものかというのを表現する事が出来ていたのではないかと思います。そして何より、個人的に原作で一番好きなシーンである、二ーナがキメラになった事をエドが知ってからのタッカーさんとのやり取りが、セリフの間を含めイメージ通りで非常に嬉しかったです。

 さて、ヨキの話が省略された(カットされたわけではなく炭鉱での出来事は事実として存在しているらしい)のをはじめとして、今回も原作との相違が何点かありました。主なものとしては「アルの『それ以上喋ったら今度はボクがブチ切れる』というセリフがカット」と「グラン准将暗殺シーン追加(アニメでは前作でも有)」といった所でしょうか。

 前者に関してはエドとアル二人にとって、過去の自分達を重ね合わせた同族嫌悪という意味合いも含め、人と獣の融合という倫理のタガが外れた行動が、いかに許せないものだったかを演出するためにカットしないで欲しかったシーンなので今回唯一の不満点です。その一方、グラン准将はアニメ第1作では非道な軍人であったのに対し、原作のイシュバール殲滅戦(当時は大佐)では豪傑かつ話の分かる上官だったという事で、彼が顔見せ程度でも実際に登場する事で、後の展開に少しですが深みを持たせる事が出来るんじゃないかなあと思いました。まあ、イシュバール戦が描かれるのは後半ですから、その頃には「この人誰だっけ?」ってなってそうな気もしますけどねw

 ところで、グラン准将って初登場はアニメ第1作の方なんですよね(この時点では原作では名前のみ)。そのキャラデザインが後に原作にもフィードバックされた辺り、前作は原作者にも愛されていたんだなあと改めて思ってみたり。今回のアニメもそうなって欲しい所です。先週のはアッサリ過ぎた気もしますが、今週のを見ると今のところは期待してて良さそうですね。

【今週の見所】

 ・タッカーさんの静かな狂人っぷり

 ・二ーナの純粋さ

 ・無力感に打ちひしがれるエルリック兄弟

 流石に前作の二ーナの死体を壁にベッタリというのはやらなかったですね。

スポンサーサイト

テーマ : 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIS
ジャンル : アニメ・コミック

FC2カウンター
プロフィール

モンド

Author:モンド
オレの自堕落なオタク生活をグダグダと書きなぐるブログのつもりが、気付けば微妙に古いアメトイメインのブログに。どうしてこうなった!

Archiveα+Daycount
CalendArchive
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。