スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第3話「邪教の街」の感想

【感想】

 何かえっらく淡々と進んだ気がするのは俺だけ?

 3話目にしてようやく原作第1話&第2話にあたるリオールのエピソードが描かれました。今回も原作と同じ構図のカットが多く見られ、その意味では原作に忠実だったと言えなくもないと思います。ただ、原作では2話使った話を1話でやってしまった結果、物語に深みが無くなってしまっていました。

 顕著だったのがロゼ。前作では異常なまでに登場機会が多く、ウィンリィよりもヒロイン扱いされており、一部のご婦人方(コミケでオレの近くにいた腐女子とか)にはこっぴどく嫌われるほどの厚待遇でしたが、今回は逆に扱いが軽過ぎたなあというのが率直な印象です。

 原作ではアルを撃つのが副教主で、それを目の当たりにして、なおかつコーネロのペテンが本人の口から明かされても、ロゼは教団にすがろうとします。そこで彼女の愚かさ、無力さが描かれたからこそ、エドが最後に言う「あんたには立派な足がついてるじゃないか」が際立っていたのですが、今回のアニメではそこを変更したために、最後の言葉のインパクトがどうも弱いような気がしてなりません。いや、独自の展開なりにロゼの無力さを描こうとしているのは分かるのですが、原作で十分描かれていただけに、敢えてその展開を変更する必要があったのかなあと。

 あと個人的に気に入らないのが、グラトニーがコーネロを食った後のラストの「おや、食べちゃいけないったら」がカットされた事。アレがあるからラスト達の登場に余韻があったんだし、画面が暗転した後にセリフだけ入れりゃいいだけなのに、何故にカットするかな。今回はそういった演出面で不満が多い回でした。

 その一方、人体錬成のシーンを先に描いた事によって、教会でエドが人体の成分をロゼに話すシーンが原作以上に重みを増していたのは良かったです。また、原作では錬成のリバウンドでアッサリ敗北したコーネロが、巨大化してなおもエドに戦いを挑んだのもエンターテイメント的には見ごたえがありました。このように、良いと感じる演出も端々で見る事が出来るので、作品の評価としてはどう転ぶかまだ分からないですね。今までの展開を見てると、前作で原作準拠だった所まではアッサリめで行きそうな気もするし。

 次回はオレがこの作品で一番好きなショウ・タッカーさんのエピソード。今回のアニメではどうなるか、非常に見ものです。

【今週の見所】

・巨大コーネロ

・原作のようにコミカルだった神の鉄鎚

 そういや、ロゼが褐色じゃなかったことに違和感を感じたけど、原作じゃ褐色じゃないのよね。いかに前回のアニメ版の印象が強いかというのを再認識しました。
スポンサーサイト

テーマ : 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIS
ジャンル : アニメ・コミック

FC2カウンター
プロフィール

モンド

Author:モンド
オレの自堕落なオタク生活をグダグダと書きなぐるブログのつもりが、気付けば微妙に古いアメトイメインのブログに。どうしてこうなった!

Archiveα+Daycount
CalendArchive
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。