スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第12回 2009春調査

旧ブログからの方には毎度お馴染みアニメ調査室(仮)様の感想調査。評価方法は以下の通り。

S:とても良い(第3回より追加)
A:良い
B:まあ良い
C:普通
D:やや悪い
E:悪い

F:見切り、視聴はしたが中止(または見逃しが多い)
x:視聴なし、(または視聴中のため評価保留)
z:視聴不可(わかる範囲で良いです)

ほんじゃ早速行ってみよか。

2009春調査(2009/1-3月期、終了アニメ、43+2作品)

01,黒執事,C
02,ゴルゴ13,F
03,とらドラ!,A
04,アキカン!,x
05,タイタニア,x
06,ワンナウツ,x
07,スティッチ!,x
08,明日のよいち!,B
09,まりあほりっく,B
10,さくらんBOY DT,x
11,ゲゲゲの鬼太郎,x
12,ミチコとハッチン,C
13,鉄のラインバレル,B
14,スキップ・ビート!,F
15,キャシャーン Sins,B
16,天体戦士サンレッド,A
17,絶対可憐チルドレン,B
18,続 夏目友人帳 (2期),S
19,地獄少女 三鼎 (3期),x
20,ネットゴーストPIPOPA,x
21,源氏物語千年紀 Genji,C
22,とある魔術の禁書目録,C
23,RIDEBACK-ライドバック-,B
24,テイルズ オブ ジ アビス,x
25,みなみけ おかえり (3期),B
26,Yes ! プリキュア5 GoGo!,x
27,ファイテンション☆テレビ,x
28,きらりん☆レボリューション,x
29,今日からマ王 ! 第3シリーズ,x
30,ソウルイーター (SOUL EATER),A
31,マリア様がみてる 4thシーズン,A
32,BLUE DRAGON 天界の七竜 (2期),x
33,スレイヤーズEVOLUTION-R (2期),x
34,空を見上げる少女の瞳に映る世界,F
35,鉄腕バーディー DECODE:02 (2期),B
36,WHITE ALBUM (ホワイトアルバム),F
37,おねがいマイメロディ きららっ☆,x
38,屍姫 玄 (シカバネヒメ クロ 2期),F
39,VIPER'S CREED (ヴァイパーズ・クリード),x
40,ドルアーガの塔 -the Sword of URUK- (2期),B
41,機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン (2期),B
42,CLANNAD -AFTER STORY- (クラナド 2期),S
43,機動戦士ガンダム00 (通期),B
44,CLANNAD (クラナド通期),S
45,全力ウサギ (12月終了),x

[再調査]
11-20,夜桜四重奏 ヨザクラカルテット,x
(MBS、RKB 放送分。前回評価済みの方の投票は無効です)

{総評、寸評など} (自由記入、引用する場合あり)

今回は作品数多いんで、コメントは簡単に。

03,とらドラ!,A
清々しいまでにストレートな青春もの。キャラの心理描写も良く出来ており予想以上に見ごたえがあった。

08,明日のよいち!,B
萌えアニメと一言で片付くような内容だが、その面では高いレベルにあったと思う。

09,まりあほりっく,B
いつものシャフト。だがそれがいい。

12,ミチコとハッチン,C
終盤はかなり盛り上がったが、そこまでの過程がグダグダだった。その一方、タレントによる吹き替えは作品と上手くマッチしており、キャスティングに関しては評価したい。

13,鉄のラインバレル,B
ギャグ回を挟むタイミングが微妙だった事以外、これといった欠点は見当たらないのだが、イマイチ盛り上がりに欠けた。また、マキナの戦闘は板野サーカスという事で疾走感こそ出ていたものの、巨大兵器の重量感があまり感じられなかった。本作を含め、最近はロボットや巨大ヒーローの重量感をアニメで表現しようと試みる作品が増えてきたが、現状その部分では特撮に及んでいないというのが率直な印象。

14,スキップ・ビート!,F
見続けてれば面白くなりそうな気配はあったが、ジャンル的に合わなかった。

15,キャシャーン Sins,B
生と死というテーマを描き切った事は賞賛に値するし、ドラマパートとアクションパートの静と動の切り替えも見事だった。ただ、中盤までは本筋に絡む話よりも一話完結の話の方が面白かったのはいかがなものかと思う。

16,天体戦士サンレッド,A
原作の持つユル~い雰囲気を上手く再現し、それでいて声優に芸人を起用する事でギャグのテンポも良く、良質のギャグアニメに仕上がっていた。従来、タレント起用は作品の質を下げるだけだが、この作品はそれによって面白さを増した稀有な例としても評価すべきだと思う。

18,続 夏目友人帳 (2期),S
1期と比べて見劣りする要素はなかったので同じ評価。

21,源氏物語千年紀 Genji,C
出崎演出が上手くハマっており、幻想的な作品になっていた。ただ、それ以外は特筆すべきものは感じられなかった。

22,とある魔術の禁書目録,C
萌えアニメ。ただそれだけというラノベのアニメ化によくあるタイプの作品。

23,RIDEBACK-ライドバック-,B
絵的なレベルは今期トップクラスで、ライドバックが疾走するシーンは非常に見ごたえがあったが、主人公がストーリーの蚊帳の外なので、イマイチ盛り上がりに欠けた。アッサリすぎるラストもいただけない。

30,ソウルイーター (SOUL EATER),A
マカの中の人の棒読みがそりゃもう愛しくて愛しくて。それでいて演技力は着実に向上していたのも良かったです。あ、もちろん作画とかそれ以外の部分もレベル高かったですよ。

31,マリア様がみてる 4thシーズン,A
ビバ百合!

34,空を見上げる少女の瞳に映る世界,F
悪い意味で同人っぽいストーリー展開に嫌気がさして序盤で終了。

35,鉄腕バーディー DECODE:02 (2期),B
エンターテイメントに徹しており楽しめたが、萌え要素が乏しいせいか全体的に地味さが漂っていた。その是非はともかく、昨今のアニメにはやはり「萌え」が不可欠という事なのだろう。また、テロの時の作画に関しては、バーディの過去のトラウマシーンという事で、作画崩壊ではなく演出として捉える事も出来たが、最終回の戦闘も似たような絵だったのはちょっと残念。

36,WHITE ALBUM (ホワイトアルバム),F
別にアニメで昼メロ見る気ないし。

38,屍姫 玄 (シカバネヒメ クロ 2期),F
1期で切ったのだが、たまたま終盤だけ数話見た。自分の選択は間違ってなかったと再認識した。

41,機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン (2期),B
登場人物を増やし過ぎて、その大半が終盤まで生き残っていたため、各キャラクターの魅力を引き出せず全体的に薄っぺらい話になっていた。また、ヒロインの存在意義が皆無なのは流石にマズイと思う。とはいえ、キャラクターそのものについては魅力的な人物が多かったし、作画レベルは高く、常に迫力のある戦闘シーンを提供し続けていたというのは、ロボットアニメ好きとしては評価せざるをえない。

42,CLANNAD -AFTER STORY- (クラナド 2期),S
変則4クールにありがちな終盤グダグダという失敗に陥る事もなく、終始抑揚のある話運びで飽きる事なく見る事が出来た。また、最終回こそアッサリめだったものの、その後の総集編でその部分をフォローしており、TVシリーズのみでキチンとまとめていたのも良かった。


こんな感じッスね。これで2008年度のアニメ評価も全部終わった事だし、旧ブログでやってた総括もやりますか。
スポンサーサイト

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

FC2カウンター
プロフィール

モンド

Author:モンド
オレの自堕落なオタク生活をグダグダと書きなぐるブログのつもりが、気付けば微妙に古いアメトイメインのブログに。どうしてこうなった!

Archiveα+Daycount
CalendArchive
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。