スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CLANNAD & CLANNAD AFTER STORYの感想

 以前のブログで「終わったら1回だけ書こうかなあ」と言ってたクラナドの感想。

 先日めでたくCLANNAD AFTER STORYが最終回を迎えたのですが(あの時間帯お馴染みの番外編が残ってるけどそれは除外)、終わってみるとこの作品は実に良く出来たファンタジーでした。もちろん、最終回があのような展開になったからでなければ、ロボと少女の話や第1期の風子、2期目での美佐枝さんのエピソードの事を言っているのでもなく、それら全てを抜きにして岡崎朋也の半生を振り返っても、やはりこの物語はファンタジーだなあと思います。

 「クラナドは人生」ネタとして知られるこの言葉ですが、ある側面ではこの作品を表現するのに端的な言葉でもあります。主人公である朋也の学生時代、就職、結婚、出産、配偶者との死別、親との和解、それらは正に彼の人生そのものであり、多くの人が経験するであろう出来事です。オレはエロゲーやらん人間なので原作は知りませんが、アニメ版に関してはその描写が非常に丁寧でした。

 特に評価したいのは高校卒業からの作中時間の経過が一気に加速していった事。既にいい年こいちまった人なら分かると思うんですが、高校出てからの時間なんてホント一瞬なんですよ、一瞬。はじめから狙ってやったのか、はたまた高校時代に重点を置きすぎた結果そうなったのかは不明ですが、結果としては人生の表現として良い演出になっていたと思います。

 でも、それらを考慮に入れても、この物語は現代においてはファンタジーに過ぎません。朋也が経験した出来事、それはかつて人間であれば誰しもが通るであろう道であり、中でも結婚、出産はそれを経て初めて社会に認められるという一大イベントでもありました。しかし、現在このようなステレオタイプな人生を是とする人間は徐々に減ってきています。

 かくいう私もその一人です。ぶっちゃけちまうと、結婚なんてものは金がある奴か計画性のない奴、(あとごく稀な例として)愛のある奴がやればいいと思ってます。幸か不幸か、私はどれにも該当しませんから、そういった生き方に共感するという事はありません。そして、困った事にこういう考え方の人間は世間的にも徐々に増えてきているのだそうです。こうなってくると、かつては当たり前とされていた生き方、それそのものが仮想の設定に過ぎないという見方も出来ると思います。そういう面ではクラナドで描かれた朋也の物語、現代ではそれ自体が幻想になりつつあるとも言えるのです。

 それでも私がこの作品を面白いと思えたのは、作品の舞台となる街で朋也をはじめとした各キャラクターが悩み、もがき、少しずつでも前に進んでいく姿に感動したから。それは作品の内容が現実的であるか否かを問わず、物語を面白くする要素としては普遍のものです。それゆえにこの作品が良質のファンタジーであると感じるのです。

 それらを前提にして最終回を見ると、人生という名の幻想としてはこれ以上ない終わり方でした。人間誰しも「あの頃に戻りたい」「あの出来事をなかった事にしたい」という気持ちがあるはずです。それを臆面もなくやってのけて、かつ物語として成り立っているという事、それこそがこの作品がファンタジーである事の証なのではないでしょうか。

 また、時間が巻き戻ったとはいえ、渚を失ってからの朋也の心の動きが巻き戻った世界にも反映されているような描写があった事も評価したいです。ラストで朋也達が父親の実家らしき邸宅を訪れるシーン、あれは改変後の世界でも父親とは和解出来たという表現なのでしょう。父との和解が渚死亡後の最重要イベントであったため、改変後ではそれっぽく匂わすだけという事に関してはいささか不満もありますが、なかった事にされた世界にもそれなりの意味があったという事は感じる事が出来たので、まあ良しとしましょう。

 ただ、幻想世界と渚・汐の病気との関連性がイマイチ分かりにくかったのは正直どうかと。最終回にまとめて説明するほど秘密にするような内容でもないだろうし、最後の奇跡を納得出来るものにするためにも、もう少し前から伏線回収をすべきだったのではないでしょうか。原作付きアニメには原作ゲームへの導線としての役割もありますが、それと同時にアニメ作品単体での高い完成度も要求されるものだと思います。その点では、作品の最重要ポイントである両者の関係がキチンと描写されなかったのは非常に残念な所です。

 とはいえ、中盤がグダグダになりがちな「2クール×2」の変則4クール作品であるにもかかわらず、終始バランスの良いストーリー展開で見ていて飽きが来なかったというのも事実です。まとめ方に関しても概ね満足のいくものであったし、作画や演出面に関しては京アニらしい高いクオリティで、非常に見ごたえのある作品でした。また、これまで作るアニメが1、2クール作品のみに留まっており、スタミナ面で不安視されていた京都アニメーションが、いつもと変わらぬクオリティで(変則的であるとはいえ)4クール作品を手掛けたという点でも評価に値すると思います。
スポンサーサイト

テーマ : CLANNAD -AFTER STORY-
ジャンル : アニメ・コミック

FC2カウンター
プロフィール

モンド

Author:モンド
オレの自堕落なオタク生活をグダグダと書きなぐるブログのつもりが、気付けば微妙に古いアメトイメインのブログに。どうしてこうなった!

Archiveα+Daycount
CalendArchive
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。